ここから本文です

今日の株式見通し-堅調か FRBのハト派姿勢再確認で株高基調は継続へ

3月22日(金)8時40分配信 トレーダーズ・ウェブ

 東京市場は堅調か。3月FOMCでは今年の利上げは見送り、資産縮小は9月末で停止の見通しが示され、かなりハト派色の強い内容となった。ダウ平均は、20日は金融株が下げを主導して141ドル安となったものの、21日はアップルなどIT関連が買われて216ドル高と大きく上昇した。為替市場ではFOMCの決定を受けてドルが売られており、ドル円は足元で110円70銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて15円安の21415円、ドル建てが10円高の21440円で取引を終えた。

 米国株は21日の大幅高で前日の下げ分を埋めており、FOMCを受けてのネガティブ反応は一時的にとどまった。米国株の強い基調には変化なしとの見方から、日本株は買いが優勢の展開を予想する。為替が円高に振れている点は重しとはなるだろうし、週末でもあり引き続き様子見姿勢の強い地合いとはなりそうだ。しかし、低金利環境の継続が一段と鮮明となったことで、株式市場には悪くない地合いが続くとの期待が相場を下支えする可能性が高い。日経平均の予想レンジは21500円-21800円。

最終更新:3月22日(金)8時40分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、個人投資家注目の話題の銘柄や反転シグナル点等銘柄が毎日キャッチできる豊富なコンテンツを提供しています!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン