ここから本文です

アジア株 まちまち、ハト派FOMCの後も

3月21日(木)18時27分配信 みんかぶFX

東京時間18:16現在
香港ハンセン指数   29071.56(-249.41 -0.85%)
中国上海総合指数  3101.46(+10.82 +0.35%)
台湾加権指数     10609.55(+57.99 +0.55%)
韓国総合株価指数  2184.88(+7.78 +0.36%)
豪ASX200指数    6167.17(+1.82 +0.03%)
インドSENSEX30種  38386.75(休場)

21日のアジア株はまちまち。前日の米FOMCでは一段とハト派姿勢が広がったが、米株の買いは一時的にとどまり、ダウ平均は141ドル安で引けた。きょうのアジア市場では、おおむね堅調な市場がいいかったが、香港株は午後の取引でマイナスに転じた。豪州株も前日横ばいにとどまった。

 上海総合指数は小幅高。原油相場上昇を好感して中国石油天然が上昇をけん引した。一方、貴州茅台酒が下落。保険。金融は高安まちまち。

 香港ハンセン指数は続落。中国移動、テンセント、友邦保険、中国建設銀行などが売られた。一方、中国海洋石油、香港中華煤気が上昇。

 豪ASX200指数は小幅反発。BHPグループ、リオティントなど資源関連株が買われた。一方、マッコーリー、NABなどの大手銀行は軟調だった。

最終更新:3月21日(木)18時27分

みんかぶFX

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン