ここから本文です

東京為替:ドル・円は一段安、中国株はプラス圏を維持

3月21日(木)13時24分配信 フィスコ

21日午後の東京市場でドル・円は一段安となり、足元は110円40銭台まで水準を切り下げている。中国株はプラス圏を維持するほか、欧米株式先物も堅調地合いが続く。一方で、米10年債利回りは2.52%台と低水準に低下しており、ドル売り基調に変わりはなさそうだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円42銭から110円75銭、ユーロ・円は126円12銭から126円60銭、ユーロ・ドルは、1.1413ドルから1.1437ドルで推移した。

《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:3月21日(木)13時24分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン