ここから本文です

富士製薬が一時急伸、台湾のLotus社と資本・業務提携

3月20日(水)10時11分配信 モーニングスター

現在値
富士薬 1,684 -31
 富士製薬工業 <4554> が急伸し、一時90円高の1845円を付けている。20日午前9時10分、台湾のLotus Pharmaceuticalとの資本・業務提携および、第三者割当による自己株処分を行うと発表、材料視された。

 Lotus社は、グローバルにジェネリック、ブランド薬、バイオシミラーの開発、製造、販売に注力する製薬会社。資本提携では、同社がLotus社が新たに発行する株式491万3220株(約22億2500万円)を取得する一方、同社はLotus社子会社のLotus Japanに対し121万9300株の第三者割当による自己株処分を行う。業務提携では、抗がん剤などのジェネリック開発に強みを持つLotus社のパイプラインを日本に導入するほか、互いの製造機能を活用することによる生産性の向上、日本およびASEANの各市場に合った付加価値製品の共同開発、Lotus社のASEAN市場の販路を通じ同社の女性医療医薬品と造影剤の販売などを行う。

 午前10時8分時点の株価は、前日比18円高の1773円。

提供:モーニングスター社

最終更新:3月20日(水)10時11分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン