ここから本文です

今日の株式見通し-FOMCを前に動意は限定的か

3月20日(水)8時23分配信 トレーダーズ・ウェブ

 東京市場はもみ合いか。米国株はまちまち。3指数そろって上昇スタートとはなったものの、FOMCの結果公表を前に上値は重く、失速してマイナス転換。ただし、ナスダックに関しては半導体関連が強く、プラスに戻して終えた。ドル円は足元で111円30銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて20円高の21390円、ドル建てが50円高の21420円で取引を終えた。

 ダウ平均は5日ぶりに反落したが、26ドル安と下げは小幅。ナスダックがプラスで終えた点は下支えとなるため、ネガティブな反応は限定的と考える。基本的にはFOMCを前に動きづらい展開が想定される。きのうの日経平均は米国株高に連れ高できず、案外の動きとなったが、それでも終盤にかけては持ち直し、21500円より上で終えた。新たな手がかりには乏しい中、21500円を意識しながらの小動きが続くと予想する。日経平均の予想レンジは21450円-21650円。

最終更新:3月20日(水)8時23分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン