ここから本文です

外為サマリー:1ドル111円20銭台で推移、持ち高調整のドル売り・円買いがやや優勢

3月19日(火)17時10分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
 19日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=111円26銭前後と、前日午後5時時点に比べ20銭強のドル安・円高となっている。

 欧州時間のドル円相場は戻りの鈍い展開。19~20日にかけて開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)に関心が集まるなか、持ち高調整のドル売り・円買いがやや優勢となっている。時間外取引ではNYダウ先物が小高く推移しているものの、日経平均株価や中国・上海総合指数が反落したことからリスク選好的なドル買い・円売りは入りにくい状況。時間外取引で米10年債の利回りがやや低下していることも重荷となっているようだ。

 ユーロは対円で1ユーロ=126円21銭前後と同30銭程度のユーロ安・円高。対ドルでは1ユーロ=1.1346ドル前後と同横ばい圏で推移している。


出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:3月19日(火)17時10分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン