ここから本文です

日経平均は38円安、マイナス寄与度上位はユニーファミマ、テルモ、東エレクなど

3月19日(火)10時36分配信 モーニングスター

現在値
信越化 10,540 +35
テルモ 3,175 -8
ダイキン工 13,470 +245
ファナック 21,955 +310
ユニファミ 2,876 -66
 19日午前10時30分時点の日経平均株価は前日比38円70銭安の2万1545円80銭。朝方は、売りが先行した。18日の米国株式は上昇したものの、きのう終値で心理的なフシ目となる2万1500円を超えていたこともあり、利益確定売りに傾いた。株価指数先物にまとまった売り物が出たのをきっかけに下げ幅を拡大し、一時2万1425円79銭(前日比158円71銭安)まで下落する場面があった。一巡後は下げ渋りの流れとなっている。

 日経平均株価に対するマイナス寄与度上位はユニーファミマ <8028> 、テルモ <4543> 、東エレク <8035> など。プラス寄与度上位はダイキン <6367> 、信越化 <4063> 、ファナック <6954> など。

提供:モーニングスター社

最終更新:3月19日(火)10時36分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン