ここから本文です

今晩のNY株の読み筋=方向感乏しい展開か、ダウはミニGC達成間近

3月19日(火)17時25分配信 モーニングスター

 19日の米国株式市場では、19-20日のFOMC(米連邦公開市場委員会)が様子見の材料になり、方向感の乏しい展開が予想されるが、NYダウは5日移動平均線と25日線のミニゴールデンクロス達成が間近であり、現時点の水準以上を保ちたいところだ。

 今回のFOMCはどれほどハト派的な内容になるかが注目されており、金融政策の据え置きが予想されるほか、成長見通しや年内の利上げ回数を引き下げるとの見方もある。利上げ回数の引き下げは株式市場にとってプラスになるため、手控えムードの中で積極的に買い上がるような動きはみられなくても、底堅い展開が期待される。一方、米経済指標では1月製造業受注などがあるが、予想を大きくブレない限り、市場の反応も限られそうだ。

<主な米経済指標・イベント>
1月製造業受注、FOMC(20日まで)

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:3月19日(火)17時25分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン