ここから本文です

レオパレスが施工不良問題で中間報告(全文1)現時点で425名が退出

3月18日(月)22時01分配信 THE PAGE

 賃貸アパート大手「レオパレス21」の施工不良問題で、同社は18日午後、外部調査委員会による中間報告を公表した。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「レオパレスが施工不良問題で中間報告」に対応しております。

     ◇     ◇

登壇者の紹介

「詳細については最終報告を待つ形になる」と蘆田氏
拡大写真
「詳細については最終報告を待つ形になる」と蘆田氏
司会:では、お時間になりましたので、本日、【入手 00:01:29】いたしました、調査状況の方法に関するお知らせの報告を始めたいと思います。まず初めに登壇者でございますが、向かって正面、施工不備問題対策本部の責任者になりました、執行役員の蘆田でございます。向かって右になりますけれども、同じく対策本部の副責任者、平坂でございます。向かって左手、コンプライアンス統括部長の山口でございます。

蘆田:本日は急なご案内にお集まりいただき、誠に申し訳ございません。本日、外部調査委員会による調査の状況について、【コ**ジ**シ 00:02:23】国土交通省に提出してまいりましたことをご報告いたします。当社といたしましては報告書の記載内容を真摯に受け止め、5月下旬の最終報告に向けて、外部調査委員会の調査に全面的に協力してまいります。

司会:では、これより質疑を始めたいと思います。3時にすでにリリースのほうを開示してございますので、リリース文の読み上げのほうは省かせていただこうかと思いますけれども、よろしいでしょうか。ではご質問を受けたいと思います。各社さま、できましたら1回につき2問ずつぐらいでお願いしたいと思いますので、ご協力のほうをよろしくお願いいたします。では、どなたかいらっしゃいますでしょうか。じゃあ真ん中の方。一番後ろの真ん中の方。

前社長の関与は?

毎日新聞:毎日新聞の【ハマグチ 00:03:20】と申します。深山祐助、これは前社長でしょうか。例えば8ページのところには当時の社長である深山祐助氏の指示の下、発泡ウレタンをする方向が示されたというふうに書かれていまして、そのあと外壁についても深山さんの言及があるんですけれども、14ページの最後のところにいきますと、発泡ウレタンの使用がどの段階で誰によって決められて、誰に伝えられたのは不明だというふうに書かれているのですけれども、ちょっと矛盾する記述じゃないかと思うんですけれども、前社長の今回の問題への関与はどうだったというふうに認識したらよろしいんでしょうか。

蘆田:そちらにつきましてはまだ現在の調査状況についてのご報告に、まだとどまっておりますので、こちらにつきましては、詳細につきましては最終の報告を待つ形になると、それをもってあらためて【検討を始めたい 00:04:31】と思います。

毎日新聞:会社としての認識はいかがなんですか。

蘆田:外部調査委員会の調査の内容に影響をしますので、客観性を保つために、この場ではコメントは差し控えさせていただきます。

毎日新聞:じゃあ、これは最後のところは、発泡ウレタンの使用が誰によって決められて、伝えられてたのかは不明だと書かれてるんですけれども、この1カ所だけなので、あとは前社長の関与というか指示があったというふうに書かれてるんで、そう理解させてもらいますね。で、いいですね。

蘆田:そちらに記載のとおりでございます。

毎日新聞:了解しました。00:05:12@

司会:どなたかいらっしゃいますでしょうか。じゃあ女性の方。

発泡ウレタンの使用も示していたのか

テレビ朝日:テレビ朝日の【ナガオ 00:05:27】と申します。今の質問と重複する部分があるんですけれども、8ページにある深山祐助氏の指示の下で業務の効率化等を目的として、ここの部分なんですけれども、発泡ウレタンの使用も示していたという内容になっているんですけれども、ここに関しても、この指示、この報告書にあるとおりの内容であったというふうに御社として受け止めていらっしゃるというふうに。

蘆田:そちらにつきましても記載のとおりでお願いします。

テレビ朝日:もう少し補足の説明っていただくことってできますでしょうか。

蘆田:繰り返しになりますけども、まだ現在の状況においての記載内容になってございますので、これから先、そちらにつきましても、特に留意して調査委員会が調査するものと思われますので、その段階をもってお答えさせていただきたいと思います。

この段階で深山祐助氏の名前を出した理由は?

NHK:NHKの【フジシマ 00:06:33】です。今のところに関連してなんですけど、中間ってことで最終的にまだ出てくるとは思うんですが、今の段階で深山祐助さんの指示があったというふうに、この中では書いて公表されているんですけれども、一方で、さっき質問があったように、最後のところでは、まだ誰がどういうタイミングでしたのか分からないというふうに書かれていて、僕もこれ見て矛盾するなと思ったんですが、ただ、とは言え、お名前まで出されて、今日ここで言及されているので、それなりの理由があってだと思うんですけれども、この段階で、この、名前まで出されているというのは、どうしてそういうふうになるのでしょうか。

山口:コンプライアンス統括部長の山口です。その点に関しましてはこの調査報告書に関しましては当社は一切、内容について関知しておりません。本日、受け取ったばかりでございますので、その内容についてコメントは差し控えさせていただきます。調査の内容につきましても客観性を担保するために内容についてのコメントは差し控えさせていただきます。以上です。

NHK:ご本人にも、もうすでにお話を聞いているかどうかとかも、まだ分からないということですね。

山口:それにつきましては、3ページに記載がございますけれども、当委員会は今後レオパレス21の旧経営陣および現経営陣を対象とするものも含め、さらなるヒアリングを実施する予定であるということを聞いております。

違法建築だという認識はあったのか

テレビ朝日:恐れ入ります。テレビ朝日の平石と申します。まずこの報告書の中では、中間報告ということですけれども、当時の社長の指示についても触れられていますけれども、その際に、違法建築だという認識はあったんでしょうか。

蘆田:そちらにつきましても、関係者からのヒアリングを通して今後の最終調査結果までに明らかになると考えております。

テレビ朝日:一連のこうした問題について、現社長、もうお辞めになったということになりますけれども、英世社長が把握されたのはいつということになるのでしょうか。

蘆田:今の現社長が認識したっていうのは、どの点についてでしょうか。

テレビ朝日:この一連の問題があることを発覚したことについて把握されたのは、いつということになるんでしょうか。

山口:それは当初の4月の27日の記載のとおり、昨年の3月以降、調査の過程で把握したということでございます。

テレビ朝日:そのあとも問題について、存在することを認めなかった上に、当時の社長の指示もあったということがこの報告書に記されていますけれども、その点について会社として今どのようにお考えでしょうか。

蘆田:経緯としましては、今、山口が申し上げたとおりでございますので、繰り返しですが、今後の調査の結果を待ってということですね。

テレビ朝日:細かい点も多数あるんですけども、まず、例えばオーナーが持っている設計図と現場が持っている設計図が違うという指摘があるんですけれども、これも指示の下になされていたものなのか、この点についてはいかがでしょうか。

蘆田:そこは指示ではなくて、確認申請等に行う図面と施工に使う施工マニュアルを異なった部署で作られていて、そちらの管理がずさんだったと言えばそれまでなんですが、そこによって不整合が生じたまま現場の施工がなされたということでございます。

テレビ朝日:そうするとこれは意図的なものではないと、明確におっしゃる。

蘆田:そちら、明確に言えます。あくまで管理がずさんだったということです。

テレビ朝日:結果的には、ただオーナーが持っているものと違うものが出来上がってしまったという点において、オーナー、それから入居者に対しても、欺く形になっていますが、この点についてはいかがでしょうか。

蘆田:結果としてそうなってございますので、1日も早く調査を進め、必要な是正を行って、特定【行政庁 00:11:07】とも協議させていただきながら、最終的に問題がない物件に仕上げていくというのが当社としてやるべきことだと考えております。

テレビ朝日:あと、グラスウールであるべきところが発泡ウレタンになっていたということを、この報告書にも書かれていますけれども、こうした理由はなんなんでしょうか。

蘆田:施工効率を上げるために、さまざまな工夫をしてくっていうのが、通常の企業として行うべきことかと思われますけども、その中で企業として必要なことをやったんですけども、必要な手続きが漏れていたというふうに理解してます。

テレビ朝日:グラスウールを発泡ウレタンにすることで、どのような会社としてのメリットが存在したという、もう少し詳しく教えていただけますか。

平坂:その件につきましては、まず工場での生産効率の向上という形になりまして、工場でもともと作ってましたパネル、これを効率化できないかという形で、工場の製作過程を軽減させる、もしくは効率化を図るためにやったという形になっておりますので、その段階では、ただ、違法性の確認はちょっとしてなかったという形になります。

テレビ朝日:工期だけの問題。

平坂:工場での製作効率の問題です。

テレビ朝日:金銭的なものは含まれない。

平坂:関係ございません。

テレビ朝日:あと最後に1点だけすいません。今後、入居者の皆さんの引っ越しについては、会社としてどう対応されていくんでしょうか。

蘆田:現在、入居者の皆さまに対しましては、当初、ポスティング、そのあと当社の賃貸の入居者さまのご案内、ご対応をさせていただく部署のほうから個別にご連絡申し上げて、お客さまの都合を最優先にしながら、住み替えのご提案を行っている最中でございます。

司会:真ん中のちょうど中心の方。

発泡ウレタンを使おうと言ったこと自体に悪意はなかったのか

共同通信:すいません、共同通信の【ヒガシ 00:13:08】と申します。社長の指示の部分なんですが、社長がグラスウールに変わって発泡ウレタンを使おうと言ったこと自体に特に問題性がなくて、そのあとの、発泡ウレタンを使った外壁にすることによる個別の認定を出し忘れたことが御社として問題と考えていらっしゃる、そういう【読み方を****される、この紙は 00:13:33】。

蘆田:結局、その手続きが漏れていたっていう、先ほど、ご説明、申し上げたとおりですけれども、変えたものに対して、変えた内容、手続きを踏んで正式な認定等を受けていたかっていうことだと思います。

共同通信:なので、社長自体が発泡ウレタンを使おう言ったこと自体に、ここになんらの悪意等ははらんでいたものではないという理解でいいんですよね。

蘆田:先ほどの説明と重複になります。その辺が管理体制の不備といいますか、手続きが漏れていたということですから、ご理解のとおりだと思います。

共同通信:事務方が発泡ウレタンを使ったときの申請を出し忘れるとか、そこら辺が一番問題になっている、そういうことなんですか。

蘆田:可能性として、そういう、十分ありうるかと思いますけど、いずれにしても、それも外部調査委員会の調査結果を待ってという形になりますので。

共同通信:分かりました。最後にもう1点だけ。7,000【人超に******すぐに引っ越しを 00:14:27】要請してると思うんですけど、だいたい何人ぐらい終わったとか、ざっくりで構いませんので、ちょっと。

蘆田:数字面は平坂のほうから報告します。

平坂:現時点で退出をされておりますが、425名となっております。

共同通信:7,000人中という。分かりました。

司会:ほか、どなたか。すいません、じゃあ。

【書き起こし】レオパレスが施工不良問題で中間報告 全文2へ続く

最終更新:3月19日(火)12時13分

THE PAGE

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン