ここから本文です

日創プロニティ<3440>のフィスコ二期業績予想

3月17日(日)9時30分配信 フィスコ

現在値
日創プロ 836 -24
※この業績予想は2019年2月26日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日創プロニティ<3440>

3ヶ月後
予想株価
900円

金属加工とゴム加工、建設を手掛ける。材料の調達から最終加工まで一元化した「オールインワン加工体制」を持つ。ゴム加工も手掛ける。19.8期1Qは2倍超の増収、増益と好スタート。金属加工と建設が伸長した。

19.8期は金属加工で子会社化したダイリツが通期で寄与。太陽電池アレイ支持架台の大型案件も計画。建設も伸長を見込む。材料費や外注費の増加等をこなす。株価は戻り歩調強める。3%台の配当利回りも後押し。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.8期連/F予/11,600/1,310/1,310/870/135.51/25.00
20.8期連/F予/12,200/1,380/1,380/915/142.52/25.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/02/26
執筆者:NI
《CN》
株式会社フィスコ

最終更新:3月17日(日)9時30分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン