ここから本文です

東海カーボン<5301>のフィスコ二期業績予想

3月10日(日)14時39分配信 フィスコ

現在値
東海カボン 1,133 -1
※この業績予想は2019年2月21日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東海カーボン<5301>

3ヶ月後
予想株価
1,600円

炭素業界のパイオニア。タイヤ業界向けカーボンブラックが中心。電炉業界向け黒鉛電極、太陽電池向けファインカーボン等も。18.12期は黒鉛電極・カーボンブラックの売価上昇など各事業好調で2桁増収大幅増益落着。

19.12期は大幅増収増益の会社計画。前期新規連結の韓国・米国子会社が通年寄与。黒鉛電極の収益性改善など見込む。20.12期は新中期経営計画から推測。ファインカーボンなど成長事業化へ。株価は概ね安定推移。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.12期連/F予/322,700/98,700/99,000/66,100/310.10/48.00
20.12期連/F予/350,000/105,000/105,000/78,000/365.93/54.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/02/21
執筆者:HY
《CN》
株式会社フィスコ

最終更新:3月10日(日)14時39分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン