ここから本文です

日経平均は60円程度安、売り一巡後は押し目を拾う動きが出たもようで下げ渋り=5日寄り付き

3月5日(火)9時26分配信 モーニングスター

現在値
国際帝石 904 -44.8
石油資源開 2,305 -125
SUMCO 1,225 -2
出光興産 3,055 -125
JXTGH 505.6 -19.8
 5日午前9時23分すぎの日経平均株価は、前日比60円程度安い2万1760円前後で推移。午前9時3分に、同155円70銭安の2万1666円34銭を付けている。現地4日の米国株式が反落した動きや、きのう4日に続伸したことで18年12月5日(終値2万1919円33銭)以来、3カ月ぶりの高値水準となっていたこともあり、利益確定売りが先行したようだ。ただ、売り一巡後は、押し目を拾う動きが出たもようで下げ渋る動きとなっている。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、4日の大阪取引所終値比135円安の2万1685円だった。

 業種別では、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株や、出光興産 <5019> 、JXTG <5020> などの石油石炭製品株が下落。浜ゴム <5101> 、ブリヂス <5108> などのゴム製品株や、SUMCO <3436> 、LIXILG <5938> などの金属製品株も安い。新日鉄住金 <5401> 、JFE <5411> などの鉄鋼株や、大日印 <7912> 、任天堂 <7974> などのその他製品株も軟調。大和証G <8601> 、野村 <8604> などの証券株や、コマツ <6301> 、ダイキン <6367> などの機械株も下げている。

 個別では、ティーライフ <3172> 、ピジョン <7956> 、ヒトコムHD <4433> 、DyDo <2590> 、IHI <7013> などが下落。半面、アダストリア <2685> 、双信電機 <6938> 、昭電線HD <5805> 、キムラタン <8107> 、アトラエ <6194> などは上昇している。

 東京外国為替市場は午前9時23分時点で、1ドル=111円台の後半(4日終値は1ドル=111円90-91銭)、1ユーロ=126円台の後半(同127円09-13銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:3月5日(火)9時26分

モーニングスター

 

この記事の関連銘柄ニュース

ヘッドライン