ここから本文です

明日の為替相場見通し=米10~12月期GDPなど注目

2月28日(木)18時08分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
 今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、米10~12月期国内総生産(GDP)の結果などが注目されそうだ。予想レンジは1ドル=110円20~111円20銭。

 この日は、米朝首脳会談で非核化に関する合意に至らなかったことを受け、欧州時間にかけ110円60銭台までドル安・円高が進む場面があった。ただ、下値には買いが入り売り一巡後は下げ渋っている。今晩はNYダウの動向とともに、米10~12月期GDPが注目される。市場では前期比年率で2.2%増との予想が出ている。また、クラリダ米連邦準備制度理事会(FRB)議長などの講演が予定されている。パウエルFRB議長も日本時間で明日の午前10時過ぎに講演を行う見込みだ。


出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:2月28日(木)18時08分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン