ここから本文です

東映が反発、国内有力証券は「オーバーウエート」を再強調 目標株価は2万円

2月28日(木)9時39分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
東映 15,230 -160
 東映 <9605> が反発。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は27日、同社株のレーティングの「オーバーウエート」を再強調し、目標株価を1万6600円から2万円に引き上げた。収益源である海外映像・版権(動画配信・ゲームアプリ)が牽引し、19年3月期以降も営業利益の最高益更新が続くという強気シナリオは不変とみている。また、海外向け日本製アニメ・ゲームの市場拡大余地は大きく、多数の人気キャラクターを持つ同社は収益拡大を続けると予想している。株価上昇を促すカタリスト(きっかけ)としては、19年8月公開予定の「「ONE PIECE STAMPEDE」などの映画作品や「ドラゴンボール」シリーズなどの動画配信・ゲームアプリ販売動向を挙げている。同証券では、19年3月期の連結営業利益は前期比29%増の226億円(会社予想172億円)、20年3月期は同243億円を予想している。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:2月28日(木)9時39分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンス 決算速報

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン