ここから本文です

霞ヶ関キャピタルは急反発して底打ち感、19年8月期大幅増収増益予想

2月28日(木)9時12分配信 サーチナ

霞ヶ関キャピタル<3498>(東マ)は、自然エネルギー事業と不動産コンサルティング事業を2本柱としている。
拡大写真
霞ヶ関キャピタル<3498>(東マ)は、自然エネルギー事業と不動産コンサルティング事業を2本柱としている。
現在値
霞ヶ関キャ 6,520 -10
 霞ヶ関キャピタル <3498> (東マ)は、自然エネルギー事業と不動産コンサルティング事業を2本柱としている。19年8月期大幅増収増益予想である。株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階だが、急反発して底打ち感を強めている。
 
■自然エネルギー事業と不動産コンサルティング事業が2本柱
 
 18年11月東証マザーズに新規上場した。自然エネルギー事業(太陽光発電施設の開発・運営・売電など)と不動産コンサルティング事業(ホテル開発、空家再生、保育園開発など)を2本柱として、ショッピングセンター事業(ショッピングセンター運営、地方商業施設のアセットマネジメント業務サポートなど)も展開している。
 
■19年8月期大幅増収増益予想
 
 19年8月期の非連結業績予想は、売上高が18年8月期比90.8%増の77億08百万円、営業利益が73.1%増の6億40百万円、経常利益が49.8%増の5億12百万円、純利益が51.8%増の3億46百万円としている。
 
 大幅増収増益予想である。事業別売上高の計画は、自然エネルギー事業が保有5施設の売電収入などで2.0倍の40億47百万円、不動産コンサルティング事業が投資用不動産売買などで83.4%増の30億07百万円、ショッピングセンター事業が61.0%増の6億54百万円としている。
 
 第1四半期は売上高が1億67百万円、営業利益が1億80百万円の赤字、経常利益が1億86百万円の赤字、純利益が1億30百万円の赤字だったが、通期ベースで好業績を期待したい。なお2月14日と2月22日に三井住友銀行からの資金借入を発表している。
 
■株価は急反発して底打ち感
 
 株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階だが、18年12月安値2334円を割り込むことなく、2500円近辺でのモミ合いから急反発して底打ち感を強めている。2月25日には3810円まで上伸した。2月27日の終値は3765円、今期予想PERは約14倍、時価総額は約52億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

最終更新:2月28日(木)9時12分

サーチナ

 

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンス 決算速報

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン