ここから本文です

テラが慶応義塾から、進行性の子宮頸がんに対する腫瘍浸潤Tリンパ球輸注療法にかかる業務を受託

2月27日(水)16時21分配信 みんなの株式

現在値
テラ 184 -5
 テラ <2191> がこの日の取引終了後、慶応義塾から細胞加工にかかる業務を受託したと発表した。

 同業務は、日本医療研究開発機構再生医療実用化研究事業の採択課題である「進行性の子宮頸癌に対する腫瘍浸潤Tリンパ球輸注療法」の実施計画に基づいて実施される。腫瘍浸潤Tリンパ球(TIL)輸注療法は、がん組織に浸潤しているリンパ球を抽出し、がん組織に対して殺傷能力の高いリンパ球へと誘導し体内に戻す治療法で、同社は研究開発代表者である慶應義塾大学の河上裕氏らの研究グループのプロトコールに基づいてTILを製造するとしている。なお、同件による業績への影響は軽微で、19年12月業績予想に織り込み済みとしている。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:2月27日(水)16時21分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン