ここから本文です

午後:債券サマリー 先物は小幅続落、長期金利マイナス0.030%に上昇

2月26日(火)16時09分配信 みんなの株式

 26日の債券市場で、先物中心限月3月限は小幅続落。買い手掛かり材料に乏しいなか、弱含みの展開が続いた。

 債券先物は小安くスタート。相場が高値圏にあるだけに一段の上値追いには慎重姿勢がみられるほか、25日の米長期債相場が小幅ながら下落したことが影響した。軟調な日経平均株価を手掛かりにプラス圏に浮上する場面もあったが、この日に実施された流動債供給入札(対象:残存期間15.5年超39年未満)の応札倍率が1.98倍(前回は2.09倍)に低下したことが重荷。今晩のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を前に、時間外取引で米10年債の利回りが一段と低下していたことも上値の重さにつながった。

 この日の先物3月限は152円85銭で始まり、高値は152円89銭、安値は152円82銭、終値は前日比2銭安の152円85銭。出来高は2兆1891億円となった。

 現物債の利回りは、10年債が前日比0.010%上昇のマイナス0.030%、20年債が同0.015%上昇の0.420%、30年債が同0.020%上昇の0.600%だった。


出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:2月26日(火)16時09分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン