ここから本文です

レオパレス21が急反発、需給思惑錯綜のなか出来高は全市場ベースで群を抜く

2月25日(月)11時12分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
レオパレス 253 -5
 レオパレス21 <8848> が急反発、一時12.6%高で230円台まで水準を戻している。出来高は全市場ベースで群を抜いてトップとなっている。アパートの施工不良問題に伴う経営面への不安が株価を急落させたが、足もとは短期リバウンド狙いの買いが優勢となっている。米系ファンドなどが相次いで保有していた同社株について売却する動きをみせる一方、直近は国内大手証券が同社株を5%超保有することが判明(証券業務による保有)、株式需給面での思惑が錯綜している。ただ、これまでの下落率を考えると戻り足の鈍さは否めない。日証金が22日付で貸株利用など貸借取引で注意喚起銘柄に指定、取引規制の動きも上値を重くしているようだ。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:2月25日(月)11時12分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン