ここから本文です

今晩のNY株の読み筋=大詰めとなる閣僚級米中貿易協議が焦点

2月22日(金)17時26分配信 モーニングスター

 前日は米2月フィラデルフィア連銀製造業景気指数が市場予想を大幅に下回ったことなどが嫌気され、主要3指数は揃って下落した。

 きょうのアジア市場では、前日の米株安の流れを受け日経平均株価が5日ぶりに反落。上海総合指数は米中貿易協議進展観測や中国の劉鶴副首相とトランプ米大統領との会談への期待から反発した。

 きょう米国株式市場は、大詰めを迎える閣僚級の米中貿易協議に注目。知的財産権・サービス・技術移転・農業・為替・非関税障壁の6項目について覚書が準備されていると伝わっているが、知的財産権の侵害、技術移転の強制が最大の難関とみられる。中国側はハイテク関連の国有企業への優遇策などをとっており、国家体制に関わることからこれまで頑なな姿勢ととってきた。閣僚級協議が大詰めとなり、中国の劉鶴副首相がトランプ米大統領との会談で譲歩姿勢を示せば、3月1日までの交渉期日延長や米中首脳会談への道筋が開け、先行き不透明感後退でリスクオンムードが広がりそうだ。

<主な米経済指標・イベント>
閣僚級米中貿易協議

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:2月22日(金)17時26分

モーニングスター

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン