ここから本文です

外為サマリー:1ドル110円70銭台で推移、NYダウ先物高への反応限定的

2月21日(木)17時13分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
 21日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=110円74銭前後と、前日午後5時時点に比べ10銭強のドル安・円高となっている。

 欧州時間のドル円相場は上値の重い展開で、110円70銭台を中心とした動き。時間外取引のNYダウ先物はプラス圏で推移し、米10年債の利回りは2.66%台と前日に比べ高い水準にあるが、111円ライン近辺での売り圧力が意識されるなか相場を押し上げる材料には至っていない。また、今晩に米12月耐久財受注や米1月景気先行総合指数、欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨などの発表が予定されているほか、21~22日にかけて閣僚級の米中貿易協議が行われることが動きにくさにつながっている面もあるようだ。

 ユーロは対円で1ユーロ=125円49銭前後と同30銭弱のユーロ安・円高。対ドルでは1ユーロ=1.1335ドル前後と同0.0008ドル程度のユーロ安・ドル高で推移している。


出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:2月21日(木)17時13分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン