ここから本文です

外為サマリー:1ドル110円70銭前後で推移、日経平均上昇で上値試す

2月20日(水)10時35分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
 20日の東京外国為替市場のドル円相場は、午前10時過ぎ時点で1ドル=110円74銭前後と前日午後5時時点に比べ8銭程度のドル高・円安で推移している。

 前日のニューヨーク市場では、米中貿易交渉の先行き進展期待などから米株式市場でNYダウ平均株価が小幅ながら続伸したことで、円が売られ、ドルが買われた。ただ、米長期金利が低下し、日米金利差が縮小したため、円の下落は限定的となった。こうしたなか、ドルは一時110円49銭へ下落する場面があった。

 この日の東京市場に移ってからは、ドルは110円70銭台へと上昇。日経平均株価が値を上げるなか、ドル買い・円売りが優勢となった。今晩は米国で1月開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録が公表される。米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策のスタンスを確かめるためにも市場の関心は高い。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1349ドル前後と同0.0050ドル弱のユーロ高・ドル安。対円では1ユーロ=125円70銭前後と同60銭強のユーロ高・円安で推移している。


出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:2月20日(水)10時35分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

Yahoo!ファイナンス 決算速報

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン