ここから本文です

【ディーラー発】ドル売り先行(NY午前)

2月20日(水)0時53分配信 セントラル短資FX

連休明けのNY市場は米債利回りの低下を背景にドル売りが先行し、ドル円は一時110円55銭付近まで値を落とした。一方、ユーロドルは1.1328付近まで反発し、ポンドドルも1.3019付近まで上値を伸ばしたほか、豪ドルドルも0.7137付近まで水準を切り上げた。また、クロス円はドルストレートの上昇を受けユーロ円が125円40銭付近まで、ポンド円が144円02銭付近まで上伸するなど総じて堅調推移となっている。0時52分現在、ドル円110.627-630、ユーロ円125.314-318、ユーロドル1.13277-280で推移している。

最終更新:2月20日(水)0時53分

セントラル短資FX

 

ヘッドライン