ここから本文です

〔シドニー外為〕米ドルは110円台半ば=豪ドルは78円台(13日午前8時半)

2月13日(水)6時41分配信 時事通信

 【シドニー時事】13日朝のシドニー外国為替市場の円相場は海外市場の流れを受けて1米ドル=110円台半ばで推移した。現地時間午前8時半現在、110円40~50銭(前日同時刻は110円30~40銭)。
 12日のニューヨーク市場では、米中貿易協議進展への期待感からリスク選好の動きが広がり、安全資産とされる円が売られた。米政府機関の再閉鎖に対する懸念が後退したことも円売りにつながった。
 オセアニア通貨は対円で上昇した。オーストラリア・ドルは、1豪ドル=0.7090~7100米ドル(前日同時刻は0.7060~7070米ドル)、対円では78円35~45銭(同77円90銭~78円00銭)。
 ニュージーランド(NZ)ドルは、1NZドル=0.6730~6740米ドル(同0.6730~6740米ドル)、対円は74円35~45銭(同74円25~35銭)。NZの中央銀行は13日、政策金利について発表する。市場では金利が据え置かれると予想している。
 ユーロは、1ユーロ=1.1325~1335米ドル(同1.1270~1280米ドル)、対円は125円10~20銭(同124円40~50銭)。(了)

最終更新:2月13日(水)9時28分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン