ここから本文です

ニューヨーク外国為替市場概況・4時 ユーロドル、上伸

2月13日(水)4時05分配信 トレーダーズ・ウェブ

 12日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは上伸。4時時点では1.1331ドルと2時時点(1.1315ドル)と比べて0.0016ドル程度のユーロ高水準だった。
 米中通商交渉の進展期待や米政府機関の再閉鎖が回避されるとの観測を受けたリスク選好で、資源国通貨などとともにユーロも対ドルで地合いを強めた。昨日高値1.1330ドル付近にあった断続的な売りオーダーをこなし上昇に勢いがつき、1.1340ドルまで上値を伸ばした。

 ユーロ円もリスク選好の円売りで堅調。4時時点では125.23円と2時時点(125.04円)と比べて19銭程度のユーロ高水準だった。ユーロドルとともに上伸し、一時125.26円まで水準を上げた。

 ドル円は小幅に上下。4時時点では110.52円と2時時点(110.51円)と比べて1銭程度のドル高水準だった。
 トランプ米大統領の「現時点で習氏(中国国家主席)との3月会談の予定は決まっていない」との発言で下押す場面もあったが、近いうちに会談を行いたい意向も表明。対中追加関税の賦課先延ばしの可能性や、政府機関の再閉鎖回避へとの見解を示したことで持ち直した。
 一方、ダウ平均が前日比400ドル超の上昇となり、リスク選好がクロス円の円売りを強めたもののドル売りも誘い重しに。ドル円は明確な方向感を示せなかった。
関口

最終更新:2月13日(水)4時05分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、個人投資家注目の話題の銘柄や反転シグナル点等銘柄が毎日キャッチできる豊富なコンテンツを提供しています!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン