ここから本文です

初心者向けと侮るなかれ。有名過ぎるけどバカにできない情報源、元日経記者はこう活用している

2月12日(火)15時30分配信 HARBOR BUSINESS Online

(ハーバー・ビジネス・オンライン)
拡大写真
(ハーバー・ビジネス・オンライン)
 ネットで株の売買をする場合、自分が取引対象にしている銘柄については登録しているネット証券会社がドル円相場、日経平均、さらにNYダウ、シカゴ日経先物、個別銘柄の株価動向などについては十分な情報を提供してくれるので問題はありません。

 ただ株は生き物です。その日、あるいはその数日前に起った世界や日本のさまざまな政治、経済、社会情勢、突発事件などが影響を与えます。このような情報を素早く手に入れ、分析するためにおすすめのサイトや番組を紹介します。

◆取引前に日経電子版に目を通して、その日の市場の動きをつかむ

①日経電子版

 日経電子版とは、日本経済新聞社が提供しているネットメディア(電子版)サイトです。2010年の創刊ですが、登録者数が急増していて、2018年6月現在、有料会員と無料登録会員を合わせた総数は400万人を超えています。有料会員数も60万人に達しているそうです。

 日経電子版の大きな特徴の一つは、豊富な記事量です。『日本経済新聞』の朝刊・夕刊に掲載される記事約300本(1日分)に加え、電子版独自の記事600本、合わせて約900本が毎日配信されています。電子版のトップページには、その日に日経新聞に掲載された主要記事のほか、電子版独自の記事も豊富なので、直近の世界、日本の様子が分かります。

 日経電子版の記事は経済・政治、ビジネス、マーケット、テクノロジー、国際・アジア、スポーツなどその内容によっていくつかのカテゴリーに分かれています。この中で、株式投資に役立つコーナーが「マーケット」です。

「マーケット」には株式のほかに為替・金融、商品、海外、投資信託などの項目があります。株式にはその日の日経平均の動き、為替・金融にはドル円相場などの動き、さらに商品コーナーには金、銅、石油などの最新の世界の動向が見られます。海外コーナーでは、NYダウ、S&P500、ナスダック、NY金、原油、ドル円相場など終わったばかりのNY市場の数字を見ることができます。

 ネット株の取引を始める前にマーケットコーナーを見ておくと、その日の東京市場の相場の動き、たとえば日経平均の寄り付きが前日比プラスで始まるか、下落して始まるか、横ばいかなどの見通しを自分なりにつかむのに役立ちます。

◆取引が終わった後、欧州市場やNY市場、円相場の動きをチェック

②Yahoo! JAPANの「ファイナンス」

 Yahoo! JAPANのホームページを開くと、トップページが出てきます。左端にあるサービス一覧の中から「ファイナンス」をクリックすると、目的のファイナンスコーナーが出てきます。最初のページの1行目には日経平均、NYダウ、米国ドル、ユーロのリアルタイムの数字が刻々と流れているので便利です。

 ヤフーのファイナンスにもさまざまなコーナーがあります。株式や為替の他に株価予想、証券口座などがあります。株価予想は株専門家による予想、証券口座はどのネット証券のサービスが優れているかなどを比較しており、これからネット株を始めたい人には参考になります。

 私の場合は、1日の取引が終わった後、利用しています。その日の株価動向の評価、日本時間の夕方から始まる欧州市場、さらに深夜から翌日早朝にかけて取引中のNY市場の株価や円相場の動向などをチェックするためです。週末の土、日には専門家による「来週の相場見通し」が掲載されます。これも参考になります。

◆「市場を専門家がどう見ているのか」を知るのに役立つ番組

③テレビ東京の株関連番組

 テレビ東京の株関連番組としては、ウイークデーの毎日、午前5時45分から始まる「モーサテ」(Newsモーニングサテライト)が役に立ちます。終わったばかりのNY市場のさまざまな動き、たとえばダウ、ナスダック、S&P500などの株価指数、ドル円相場、シカゴ日経平均先物、国債利回り、NY原油などの直近の数字が分かります。

 さらに専門家による今日のドル円相場、日経平均株価の予想、見通しもこの番組の特徴です。当たる場合もあるし外れる場合もありますが、終わったばかりのNY市場の変化を受けて、数時間後に始まる東京市場を専門家がどう見ているかが分かり参考になります。

 専門家による東京市場のその日のドル円相場、株価予想の時間は年に何回か放送時間帯が変わります。夏場は午前6時半前後の時が多いですが、最近のように午前7時またぎを意識して、6時55分前後になる場合もあります。朝の忙しい時間帯なので、番組すべてを見る必要はありません。自分に必要部分だけをチェックする程度で十分です。

 同じテレビ東京系の衛星放送、BSテレビ東京の午後10時からの「プラス10」は、これから数時間後に始まるNY市場の動向を知るために参考になります。「プラス10」は前日のNY市場の動向、その日に起こった日本やアジア、ヨーロッパの政治、経済、社会などの動きを紹介し、これから始まるNY市場の展望、さらにそれを受けて翌日の日経平均や円相場の動きを専門家が解説します。これも当たる場合もあれば外れる場合もありますが、専門家が何を根拠にしているかを知るために役立ちます。

◆リアルタイムの情報を分析し、自分なりの相場観を

 石橋を叩いて渡るネット株投資術(石橋攻略)は、短期取引が特徴です。リアルタイムの情報を集め、午前9時から始まる東京証券取引所の売買に備えます。具体的には終ったばかりのNYダウやシカゴ日経平均先物、ドル円相場の動向、さらに取引証券会社が提供する個別銘柄の株価の気配値などを確認します。

 手持ちの銘柄が上昇し1万円以上の利益が得られそうなら売却予約、横ばいなら静観。現在手持ちではないが下落幅が大きいと判断した場合には、押し目買いの買い予約をします。

 最終的な売買の決断はあなたの相場観に大きく依存します。リアルタイムの情報を受動的に受けとめるのではなく、自分なりにさまざまな仮説をたて分析し、自分なりの相場観を養ってください。

◆石橋叩きのネット株投資術 第27回

<文/三橋規宏>

みつはしただひろ●1940年生まれ。1964年慶応義塾大学経済学部卒、日本経済新聞社入社。ロンドン支局長、日経ビジネス編集長、科学技術部長、論説副主幹、千葉商科大学教授、同大学名誉教授、環境を考える経済人の会21事務局長等を歴任。主著は『新・日本経済入門』(日本経済新聞出版社)、『ゼミナール日本経済入門』(同)、『環境経済入門』(日経文庫)、『環境再生と日本経済』(岩波新書)、『サッチャリズム』(中央公論社)、『サステナビリティ経営』(講談社)など。
ハーバー・ビジネス・オンライン

最終更新:2月12日(火)15時30分

HARBOR BUSINESS Online

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

平均年収ランキング

ヘッドライン