ここから本文です

【ディーラー発】欧州通貨売り一服(欧州午後)

2月12日(火)21時21分配信 セントラル短資FX

午後に入ると欧州通貨売りが一服し、ユーロドルが1.1286付近まで反発し序盤の下げ幅を埋めたほか、ポンドドルも1.2859付近まで下値を切り上げる展開。一方、ドル円は対欧州通貨でのドル売りに押され110円46銭付近まで小幅に軟化。そうした中、原油価格の上昇を支えにカナダ円が83円35銭付近まで上値を拡大、豪ドル円が本日高値圏の78円30銭付近で底堅く推移するなど資源国通貨が強含む状況となっている。21時21分現在、ドル円110.505-508、ユーロ円124.719-723、ユーロドル1.12863-866で推移している。

最終更新:2月12日(火)21時21分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン