ここから本文です

お金がない状況から抜け出すための4つの見直しポイント

2月12日(火)18時00分配信 LIMO

写真:LIMO [リーモ]
拡大写真
写真:LIMO [リーモ]
「お金がない、どうしよう」「他の人はどのくらいお金を貯めているのだろう」と思ったことがあるという人もいるでしょう。しかし、お金を貯めることは一朝一夕にはいきませんし、他人のお金事情は仲の良い友達でも聞きにくいものです。今回は、貯蓄額の分布がどうなっているのか、またお金を貯めていくために見直すべき支出についてご紹介します。

貯蓄額100万円未満の勤労者世帯はどのくらい?

総務省が2018年5月19日に発表した「家計調査報告(貯蓄・負債編)平成29年(2017年)平均結果(二人以上の世帯)」のうち、勤労者世帯(二人以上の世帯に占める割合50.9%)の貯蓄額の分布を見てみましょう。

すると、100万円未満は11.8%、100万円~500万円は25.8%、500万円~1000万円は21.9%、1000万円~2000万円は20.2%、2000万円~3000万円は9.2%、3000万円~4000万円は4.4%、4000万円以上は6.7%となっています。

また、下図のように100万円ごとの分布で見ると、100万円未満の割合が最も多いのがわかります。

なお、この調査における「貯蓄」には、預貯金(普通預金・定期預金など)のほかに有価証券(株式、債券、投資信託など)や積立型の生命保険や個人年金、社内預金、勤め先の共済組合といった金融機関以外への預貯金も含まれます。

この貯蓄のなかでまず手をつけたいのが預貯金を増やすことです。その第一歩として支出を見直して無駄を省き、コツコツと貯金を増やしていきましょう。

見直しポイント1:使用頻度の減った有料サービス

映画やスポーツ、ドラマがいつでも見られるという手軽さから有料放送や有料の動画配信サービスなどを契約したままにしていませんか?  もし、契約当初よりも利用頻度が減ったものがあるのなら、見直しをしても良いでしょう。

また見落としがちな点として、スマートフォン(スマホ )関連の有料サービスも気を付けたいところです。有料サービスには音楽聞き放題や動画視聴サービス、ゲームの課金等が含まれます。

無料トライアルで加入し、その後気づかぬうちに有料に移行しているサービスを放置している可能性もあります。このような支払いの無駄を整理することで、お金の流れが見えてきます。

さらに、スポーツジムや各種の習い事の参加頻度を再検討してみましょう。これも利用頻度が減っている場合はもう一度通いだすのか、それとも思い切ってやめるのかよく考えてみましょう。そうすることで自分と向き合うきっかけとなるかもしれません。

見直しポイント2:お菓子やたばこなどの嗜好品

毎朝通勤時に買う缶コーヒーや会社の休憩時間に食べるおやつなどが、習慣になっている人も少なくないのではないでしょうか。こうした支出は少額ですが、積み重なればあなどれない金額になっていきます。

150円のコーヒーも20日買い続ければ3,000円、300円のおやつを20日買い続ければ6,000円になります。1箱450円のたばこを2日に1箱買い続ければ1カ月で6,750円、ビール1缶 (500ml)300円を毎日飲めば9,000円にもなります。

こうした嗜好品を一切やめるというのではなく、疲れた時や頑張った時だけ自分へのご褒美にするというような工夫をしてみましょう。

見直しポイント3:スマホや携帯電話代

今や生活になくてはならないものとなったスマホや携帯電話ですが、自分の生活に見合ったプランなのか、サービスに満足しているのかよく検討してみましょう。

最近では格安スマホの台頭で、大手キャリアでも安いプランを提供し始めています。何年も同じ料金プランの人は、見直すことで大幅にコストカットできる可能性があります。またキャリアを乗り換えることで大幅に安くなったり、インターネット回線と合わせて契約することでお得になる場合もあります。

学生から社会人になった際など、電話の使用頻度も変わってきます。生活環境やライフスタイルに変化があったときは特に、利用プランを見直すことで無駄を省くことができます。

見直しポイント4:食費や外食費

食費は、大きな悩みの一つではないでしょうか。1人だと料理を作る気にもなれず、外食をしたり、毎日コンビニ弁当やスーパーの惣菜という方も多いと思います。また共働きで忙しい2人以上世帯にとっては、スーパーの惣菜などに頼らざるを得ない時もあると思います。

しかし、食費は工夫することで上手に圧縮することができる支出です。週末に2~3品だけでも作り置きしておくことで、毎日の自炊が少しは楽になります。またカット野菜や炒めるだけで1品できるセット食材などを活用し、自炊を心がけてみましょう。

まとめ

普段は自分のお金の使い方を意識していないかもしれませんが、ポイントを絞って見直しをすることで無駄な支出を減らし、貯金を増やしていくことができるようになるでしょう。一度にすべてを見直すことは難しいかもしれませんが、まずはこの4つのポイントを見直すことから始めてはいかがでしょうか。
LIMO編集部

最終更新:2月12日(火)19時05分

LIMO

 

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン