ここから本文です

〔米指標予測〕12月の小売売上高、0.1%増か=コアも0.1%増☆差替

2月12日(火)7時13分配信 時事通信

 【ニューヨーク時事】米商務省が14日発表する2018年12月の小売売上高の市場予想(ロイター通信調べ)によると、予想中央値は前月比0.1%増と、前月(0.2%増)から伸びが鈍化する見通し。変動の大きい自動車を除いたコアも0.1%増で、前月(同)に比べ鈍化が見込まれている。
 バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチは、ガソリン価格低下を考慮し、全体を0.1%減、コアを0.2%減と見込む。
 ウェルズ・ファーゴは全体を0.3%増と予想。「同月の既存店売上高の指標が増加の勢いを示した」と説明している。(了)〈STAT〉
発表予定日:2月14日

最終更新:2月12日(火)9時28分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン