ここから本文です

ウィルグループは急伸、19年2月期増収増益予想

2月12日(火)8時56分配信 サーチナ

ウィルグループは、派遣・請負の人材サービスを展開している。19年3月期第3四半期累計は減益だったが、四半期ベースで第3四半期は増益だった。
拡大写真
ウィルグループは、派遣・請負の人材サービスを展開している。19年3月期第3四半期累計は減益だったが、四半期ベースで第3四半期は増益だった。
現在値
ウィルG 1,293 +95
 ウィルグループ <6089> は、派遣・請負の人材サービスを展開している。19年3月期第3四半期累計は減益だったが、四半期ベースで第3四半期は増益だった。そして通期増益予想である。株価は第3四半期の増益を好感して急伸した。出直りを期待したい。
 
■派遣・請負の人材サービスを展開
 
 セールスアウトソーシング事業、コールセンターアウトソーシング事業、ファクトリーアウトソーシング事業、介護ビジネス支援事業、海外HR事業、スタートアップ人材支援事業など、派遣・請負の人材サービスを展開している。
 
 19年1月にはHR領域の有望ベンチャーに投資する2号ファンドを設立した。またシンガポールの子会社WAPがシンガポールのCCGを子会社化した。
 
■19年3月期増収増益予想、3Q累計で減益だが3Qは増益
 
 19年3月期連結業績予想は、売上高が18年3月期比26.3%増の1000億円、営業利益が7.5%増の26億円、経常利益が6.6%増の26億円、純利益が11.6%増の13億50百万円としている。
 
 第3四半期累計は、売上高が前年同期比33.8%増の762億90百万円、営業利益が6.0%減の19億54百万円、経常利益が5.1%減の19億69百万円、純利益が3.5%減の10億09百万円だった。
 
 累計ベースでは減益だが、四半期別に見ると第3四半期の経常利益は12.4%増の8億72百万円で、回復傾向となった。コールセンターアウトソーシング事業、ファクトリーアウトソーシング事業が牽引した。また第3四半期累計の進捗率は売上高76.3%、営業利益75.2%、経常利益75.8%、純利益79.2%と順調である。通期ベースで好業績を期待したい。
 
■株価は急伸
 
 株価は1月4日安値763円から切り返し、さらに第3四半期の増益を好感して急伸した。2月8日にはストップ高の1081円まで急伸した。出直りを期待したい。2月8日の終値は1081円、今期予想連結PERは約18倍、時価総額は約240億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

最終更新:2月12日(火)8時56分

サーチナ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン