ここから本文です

ダイヤ通商<7462>のフィスコ二期業績予想

2月3日(日)12時12分配信 フィスコ

現在値
ダイヤ通商 1,200 -3
※この業績予想は2019年1月22日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ダイヤ通商<7462>

3ヶ月後
予想株価
950円

ガソリンスタンドと卸販売を手掛ける石油事業が主力。車検等に強み。自転車店「コギー」も。鈑金リペア事業を育成中。油外商品販売を強化。専門店事業は堅調。トリエ京王調布店が業績伸ばす。19.3期2Qは2桁増収。

石油事業は好調。販売量の増加等が寄与。巣鴨ダイヤビル、川口ダイヤピアともに満室。固定資産売却益の計上等により、19.3期通期は大幅な最終増益見通し。PBRは1倍割れ。割安感が株価の下値をサポートへ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期単/F予/3,220/40/35/695/964.09/10.00
20.3期単/F予/3,300/60/55/35/48.55/10.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/01/22
執筆者:YK
《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:2月3日(日)12時12分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン