ここから本文です

任天堂の第3四半期は営業利益は41%増、年末商戦好調で「スイッチ」ハード・ソフトが伸長

1月31日(木)17時39分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
任天堂 38,610 -450
 任天堂 <7974> がこの日の取引終了後、第3四半期累計(18年4~12月)連結決算を発表しており、売上高9972億9500万円(前年同期比16.4%増)、営業利益2200億2900万円(同40.6%増)、純利益1687億8500万円(同24.9%増)となった。

 年末商戦が好調に推移し、「ニンテンドースイッチ」の販売台数が同19.5%増の1449万台となったことが牽引役となった。また、ゲームソフトでは18年10月に発売した「スーパーマリオパーティ」が530万本、11月に発売した「ポケットモンスターLet’s Go!ピカチュウ・Let’s Go!イーブイ」が1000万本、12月に発売した「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」が1208万本の販売を記録する大ヒットとなり、「スイッチ」向けゲームソフトの販売が同2.0倍の9464万本となったことも寄与した。

 なお、19年3月期業績予想は従来見通しを据え置いた。通期業績は売上高1兆2000億円(前期比13.7%増)、営業利益2250億円(同26.7%増)、純利益1650億円(同18.2%増)を見込んでいる。また、あわせて「ニンテンドースイッチ」の販売予想を2000万台から1700万台へ下方修正した。一方、スイッチ向けゲームソフトの販売本数予想は1億本から1億1000万本に上方修正している。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:1月31日(木)17時39分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン