ここから本文です

明日の為替相場見通し=米1月製造業PMIなど注目

1月24日(木)17時49分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
 今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、1月の製造業購買担当者景気指数(PMI)などが焦点となりそうだ。予想レンジは1ドル=109円00~110円00銭。

 前日のニューヨーク市場で110円00銭近辺までドルは上昇したものの、その後反落し110円台への切り上げはならなかった。このため、市場では110円ラインが上値抵抗線として意識されつつある。今晩は、米1月製造業PMIが発表される。米政府機関の一部閉鎖で重要経済指標の発表延期が続くなか、製造業PMIは今後の方向感を知るうえで注目されている。また、今晩は欧州中央銀行(ECB)理事会が開催され、ドラギ総裁の会見も予定されている。


出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:1月24日(木)17時49分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン