ここから本文です

人気マンガ『岳』の著者が描く、ジャズが聞こえるような絵ヂカラのすごさ

1月13日(日)6時00分配信 ダイヤモンド・オンライン

漫画『BLUE GIANT』からはまるでジャズが聞こえてくるような体験ができるのが最大の魅力です(写真はイメージです) Photo:PIXTA
拡大写真
漫画『BLUE GIANT』からはまるでジャズが聞こえてくるような体験ができるのが最大の魅力です(写真はイメージです) Photo:PIXTA
 【おとなの漫画評vol.12】 
『BLUE GIANT』
全10巻 2013年~2017年
『BLUE GIANT SUPREME』
既刊6巻 2019年1月現在
石塚真一 小学館

● 漫画『岳』の著者が描く ジャズ演奏家のサクセス・ストーリー

 『岳』(全18巻、小学館、2003~2012年)が石塚真一のデビュー作だった。山岳救助のボランティアを主人公にした作品で、不定期連載を含めれば9年、本連載では7年間も「ビッグコミックオリジナル」で連載していた。

 『岳』のあと、翌2013年から「ビッグコミック」で連載が始まり、2019年現在も続いている長編が『BLUE GIANT』とその続編の『BLUE GIANT SUPREME』だ。山岳物語とはがらりと変わり、テーマはジャズで身を立てる青年のサクセス・ストーリーである。

 物語が終わっていないのにどうしてサクセス・ストーリーだと言えるのかというと、単行本では各巻の巻末のおまけとして「後年の回顧談」が付いており、成功した大音楽家(主人公)の駆け出し時代を回想しているからである。

 『BLUE GIANT』は仙台の高校生、宮本大(みやもと・だい)がテナーサックスでプロのジャズ演奏家を目指す物語である。最初から自己流でバリバリ、モリモリと土手、橋、公園で吹いている。絵を見ると大音量だ。橋で練習していたエピソードのあるアメリカのテナーサックスの巨人(Giant)、ソニー・ロリンズ(1930~)の音が頭の中に出てくる。

 宮本少年は1人で東京へ出て、1人で激しく禁欲的に練習している。非常に有能なピアノ弾きの少年、初心者のドラムスの少年と出会い、トリオを組む。この若いピアニストが事故で出演できなくなったライブでは、なんとテナーとドラムスだけで演奏した。
 『BLUE GIANT』10巻はここまで。高校を卒業して上京し、なんとかミュージシャンへの道を歩きだすまでだ。ここまでで五木寛之の『青春の門』筑豊篇と自立篇のようだと思った。

 続編の『BLUE GIANT SUPREME』は、宮本大がテナーサックスを抱えてドイツのミュンヘンへ旅立つところから始まる。偶然出会った大学生クリスに助けられ、ライブにも出演するようになる。その後、南のミュンヘンから北のハンブルクへ移り、ポーランド人のピアニスト、ドイツ人女性のベーシスト、フランス人のドラマーとカルテットを組んで歩きだす。

 どうしてミュンヘンへ行ったのかというと、おそらくドイツ人と日本人はアメリカ人以上にジャズが好きだからである。

 これは本当のことだ。1980年代にアメリカのピアニスト、マル・ウォルドロン(1925~2002年)にインタビューしたことがあるが、彼がそのように話してくれた。仕事はドイツと日本のほうがアメリカより多く、当時マル・ウォルドロンもミュンヘンに住んでいたそうだ。

 『BLUE GIANT SUPREME』の単行本を読んでいると、巻末にクリスやこの時期の仲間が登場し、偉大な音楽家に成長した宮本大の往年の様子を語っていて面白い。クリスも十数年後に理系の研究者になり、ベルリン工科大学に職を得たことがこの回想でわかる。

● ジャズの旋律、リズム、和音を 「沈黙のアンサンブル」で表現

 ヨーロッパへ旅立った若いジャズ演奏家の物語といえば、五木寛之のデビュー作『さらばモスクワ愚連隊』(講談社、1967年)を思わせる。主人公の設定などまったく違うが、ジャズを音以外で表現しているところは同じだ。五木は演奏をこう書いている。

 「靴先で軽く床をたたく出の合図。さり気ない導入部の数小節。滑りこんでくるクラリネットとトランペットの同調の合奏。そして、思わず声をかけずにはいられない感動的な独奏の受け渡し。心臓の鼓動をおもわせるベースの底深い唸りと、旋律の流れを鋼鉄のタガのように締めあげるドラムのリズム……」(五木寛之『さらばモスクワ愚連隊』より)。
 読者はこの文章によって頭の中でアンサンブルを開始することになる。『BLUE GIANT』の石塚はこのようなジャズの演奏を、数枚の絵で表現する。これが実に面白い。沈黙の音楽である。読者は絵を見て緊張したまま物語をたどる。頭の中で音楽は鳴ってくれないが、沈黙の音楽は流れている。不思議な体験である。

 音楽をテーマにした漫画はたくさんある。クラシックで有名なのは二ノ宮知子『のだめカンタービレ』(全25巻、講談社、2002~2010年)だろう。クラシック音楽(ピアノ独奏やオーケストラ)を漫画で表現する技術と感覚に優れ、個別の作品が聞こえるように描かれていてびっくりしたものだ。映画化されて大きな話題になった。

 古くは手塚治虫の遺作『ルードウィヒ・B』(潮出版社、1989年)がある。ベートーベンの生涯を描こうとしたものだったが、未完に終わった。手塚治虫は音符を建築のように描いて読者を驚かせた。

 ほかにもクラシックを題材にした漫画には、一色まことの大作『ピアノの森』(全26巻、講談社、1999~2015年)、さそうあきら『神童』(全4巻、双葉社、1998年)と『マエストロ』(全3巻、双葉社、2004~08年)といった名作もある。いずれも面白いが、音そのものを絵で表現するテクニックでは『のだめカンタービレ』と『ルードウィヒ・B』が抜きんでた存在だ。

 クラシックを絵で表現すると、読者はその作品の理想の演奏を頭の中で鳴らすことになる。よく知られた曲ならば、優れた絵に触発されて脳内の音楽は生き生きとはねまわる。

 ところが、ジャズはアドリブ、すなわち自由な表現が特長だ。たとえスタンダードの名曲であっても、演奏家の表現、演奏法、楽器の特質、サックスであればリードの状態の差も顕著に表れることになる。

 ジャズの旋律、リズム、和音を絵で表現するのは至難のワザだ。石塚はそれを沈黙のアンサンブルで表現することに成功している。

 (ダイヤモンド社論説委員 坪井賢一)
坪井賢一

最終更新:1月13日(日)6時00分

ダイヤモンド・オンライン

 

情報提供元(外部サイト)

週刊ダイヤモンド

週刊ダイヤモンド

ダイヤモンド社

19年1月26日号
発売日1月21日

定価710円(税込み)

特集1 最新「税」攻略法
バラマキ7000億円を取り戻せ!!
特集2 今年後半の悪化は不可避
景気の先行きを徹底分析!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

平均年収ランキング

ヘッドライン