ここから本文です

年間5200万円、「コミュニケーション費」に大胆投資する理由

1月13日(日)6時00分配信 ダイヤモンド・オンライン

写真:ダイヤモンド・オンライン
拡大写真
写真:ダイヤモンド・オンライン
 いまから29年前のこと――武蔵野社長・小山昇は毎晩悩んでいた。
まわりは暴走族上がりの落ちこぼれ社員ばかり。「勉強しろ」「すぐやれ」と言えば真逆のことをする。にっちもさっちもいかない日々が続き、勤務形態も超・超・超ブラック。社長の心も社員の心もすさんでいた。1989年社長就任時の売上は7億円。「このままいくと武蔵野は危ない」と誰もが思っていた。
しかし、2000年度、2010年度に日本で初めて「日本経営品質賞」を2度受賞したとき、運命は一変した。経営サポート事業が軌道に乗り、指導企業は700社を超え、倒産企業はゼロ、5社に1社は過去最高益に。昨年、JR新宿ミライナタワーにセミナールームをオープン。直近売上は70億円、経常利益は6億3000万円、売上高経常利益率は9.0%(販促費として8億4900万円を計上しているので、実質売上高経常利益率は21.0%)。この規模でこの数字は異常かもしれない。
売上7億円を70歳で70億円にした小山昇が、創業以来大切にするのが「数字は人格、お金は愛」という経営哲学だ。これは一体どういうことか?
発売たちまち話題沸騰の書籍『お金は愛――人を育てるお金、ダメにするお金』に際し、担当編集が小山昇を直撃した。すると……
「みんな【お金は愛】という意味を勘違いしている。決して金の亡者になることではない。その真逆のことを書いた。名経営者と謳われたカルロス・ゴーンもカネの魔力に溺れた。いまこそ、“生き金”と“死に金”のほんとうの意味を知っておかないと、社長も社員も大変なことになる。
この緊急事態を受け、この本は経営や仕事だけでなく、プライベートのお金の話にも深く踏み込んだ。「死に金」を「生き金」に変えた30社超の事例も載せた。これまで一切触れてこなかった“お金と子育て”“お金と夫婦”“お金と遊び”など、正直、ここまで書いていいのか迷ったが、すべて出し尽くした。私も70歳を迎え、家族が食べる分は十分稼がせていただいた。ぜひ若い人たちに“生き金”と“死に金”の分水嶺を知ってもらい、人を育てるお金、ダメにするお金の本質を知ってほしい」という。もしかしたら小山昇は真の意味で「愛の人」なのかもしれない。
なぜいま、「お金は愛」なのか。その真意を小山社長に語っていただこう。(構成:寺田庸二)。

● コミュニケーション費として 年間5200万円

 社員は給料や残業などの「条件」を見て入社を決めます。
では、辞めるときは何がきっかけになるか。

 「人間関係」です。

 給料がよくて残業が少なくても、職場の人間関係が悪いと、
社員はストレスを溜めて辞めます。
逆に、給料が安くて残業が多くても、
人間関係がよければ社員は我慢する。

 もちろん、給料増と残業減の努力は大事ですが、
最優先で取り組むべきは、
社員間のコミュニケーションを活性化させ、
職場の風通しをよくすること。

 それが離職率を下げる最大のコツです。

 武蔵野の社員が辞めないのは、
懇親会を数多く開いて社内のコミュニケーションを密にしているからです。

 経営計画書の「コミュニケーションに関する方針」には、
次の懇親会の開催を義務づけたり、参加を推奨したりしています。

 部門懇親会、社長との食事会、社長への質問会、グループ懇親会、頑張ったアルバイト懇親会、サシ飲み(上司と部下のマンツーマン)、夢の共有(異なる部門の上司と部下のサシ飲み)。

 これらの懇親会には何らかの形で手当を支給しています。

 懇親会(2500万円)の他に、
部門旅行(1100万円)、
社員旅行(1600万円)
といったイベントもあります。

 これらコミュニケーションに関する施策にかける費用は
年間5200万円。
小さな額ではないですが、
それによって社員同士の絆が深まって退職者が減るなら安いものです。
● 飲みニケーションにもルールがある

 懇親会にそんなに効果があるとは信じがたい。
実際、うちも懇親会をよく開いているが、人が次々に辞めていく――。
そんな疑問を抱く社長がいるかもしれません。

 もし懇親会をやっても人が辞めていくなら、それはおそらく懇親会がただの飲み会になっているからです。
ただの飲み会だと、社長は語るし、上司は自慢話ばかりするし、内向的な社員はひたすら料理を食べるだけになる。

 プライベートの飲み会でどのように飲もうと個人の勝手ですが、会社からお金を出す懇親会ではまずい。

 私は、懇親会を福利厚生ではなく教育研修として位置づけています。

 だから他の研修プログラムと同じく、懇親会にもマニュアルが用意されています。
人数や席次、チェックイン(近況報告)のやり方も決まっている。
それに沿って懇親会を進めれば、立場や性格に関係なく、みんながコミュニケーションを取れます。
● 270万円の研修が即満席

 経営サポート会員の社長から「武蔵野流の懇親会を知りたい」という声を聞き、
今年から新たに「コミュニケーション実践塾」を開講しました。

 各種懇親会だけでなく、社員旅行などの社内イベントについてもノウハウを公開しています。
定員は10人、料金は飛び飛びの6日で270万円(税込)ですが、
1回目はすぐ満席になった。

 それだけ社内コミュニケーションに悩んでいる社長は多いのでしょう。

 コミュニケーション実践塾に参加した社長は、武蔵野の懇親会を実際に見学して、
社員に質問することができます。

 このプログラムをつくったとき、社員から、

 「見られていると、サル山のサルになったような気がしてリラックスして飲めない」

 と文句が出た。

 「バカヤロウ、サル山のサルじゃお金を取れないよ。
すぐに満席になったのだから、君たちは上野動物園のパンダより人気がある。
光栄に思いなさい!」

 こう説得したら、文句たらたらだった社員も、まんざらではない顔になった。
乗せられやすい社員で助かりました(笑)。
小山 昇(こやま・のぼる)
株式会社武蔵野代表取締役社長
「大卒は2人だけ、それなりの人材しか集まらなかった落ちこぼれ集団」を16年連続増収の優良企業に育てる。2001年から同社の経営の仕組みを紹介する「経営サポート事業」を展開。2017年にはJR新宿ミライナタワーにもセミナールームをオープンさせた。現在、「数字は人格、お金は愛」をモットーに、700社以上の会員企業を指導。5社に1社が過去最高益、倒産企業ゼロとなっているほか、「実践経営塾」「実践幹部塾」「経営計画書セミナー」など、全国各地で年間240回以上の講演・セミナーを開催。
1999年「電子メッセージング協議会会長賞」、2001年度「経済産業大臣賞」、2004年度、経済産業省が推進する「IT経営百選最優秀賞」をそれぞれ受賞。日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞(2000年度、2010年度)。
2004年からスタートした、3日で108万円の現場研修プログラム(=1日36万円の「かばん持ち」)が話題となり、現在2年待ちの人気となっている。
『数字は人格』『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』『強い会社の教科書』『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』『残業ゼロがすべてを解決する』(以上、ダイヤモンド社)『99%の社長が知らない銀行とお金の話』(あさ出版)『改訂3版 仕事ができる人の心得』(CCCメディアハウス)などベスト&ロングセラー多数。
小山 昇

最終更新:1月13日(日)6時00分

ダイヤモンド・オンライン

 

情報提供元(外部サイト)

週刊ダイヤモンド

週刊ダイヤモンド

ダイヤモンド社

19年1月26日号
発売日1月21日

定価710円(税込み)

特集1 最新「税」攻略法
バラマキ7000億円を取り戻せ!!
特集2 今年後半の悪化は不可避
景気の先行きを徹底分析!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

平均年収ランキング

ヘッドライン