ここから本文です

SEC、2019年度もデジタル資産の審査を最優先に【フィスコ・ビットコインニュース】

1月12日(土)5時30分配信 フィスコ

 米証券取引委員会(SEC)は2019年度の審査リストの中で最優先課題のひとつとして仮想通貨を挙げた。SECのコンプライアンス検査審査局(OCIE)の声明によると、新生資産に対する個人投資家保護を観点とするという。

OCIEはコインを販売したり、トレーディング、デジタル資産を管理している市場参加者の身元確認や活動を評価していく措置をとる。OCIEはデジタル資産のポートフォリオ管理、コンプライアンス、顧客資産の安全性などを集中的に審査していく。

金融のプロフェッショナルが盗難や不正流用などから顧客の資産を守る適切なセーフガードを維持しているかまた、投資にはリスクが伴うことを投資家に開示しているかどうかに焦点をあてる。

一方で、一部共和党議員は、SECの規制強化が革命に弊害もたらすと非難している。

《KY》
株式会社フィスコ

最終更新:1月12日(土)5時30分

フィスコ

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン