ここから本文です

【ディーラー発】ポンド、急伸(欧州午後)

1月11日(金)20時51分配信 セントラル短資FX

ブレグジットの期日延長との一部報道が伝わり、ポンドが急伸。対ドルで1.2851付近まで、対円では139円15銭付近まで大きく水準を切り上げた。その後、英政府報道官の「英政府の方針としては延期しない」との発言が伝わり、上値を削る場面がみられたものの、騰勢は保たれ対ドル対円ともに底堅く推移。一方、ドル円は米・消費者物価指数の発表を前に様子見姿勢が強まり108円30銭付近まで膠着状態となっている。20時50分現在、ドル円108.318-321、ユーロ円124.927-931、ユーロドル1.15326-329で推移している。

最終更新:1月11日(金)20時51分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン