ここから本文です

明日の株式相場見通し=投資家心理改善で続伸歩調、循環物色の輪に広がり

1月8日(火)17時13分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
ソフバンク 1,549 +19
 あす(9日)の東京株式市場は、投資家心理の改善を背景に、戻り待ちの売りを買いが上回り、日経平均株価は続伸歩調となりそうだ。物色自体は、依然として株価指数先物主導の色彩が強いものの、これまで敬遠されてきた輸出関連のハイテクセクターにも出直る銘柄が散見されるなど、循環物色の輪が広がりはじめている。

 市場関係者からは「7日から8日に掛けて北京で開かれている米中次官級貿易協議に、習近平国家主席の側近である劉鶴副首相が出席していることが伝えられ、中国側が交渉に積極的との受け止めから期待感が高まり買い優勢となった。さらに、午後2時前には、外国為替市場で一時、1ドル=109円ちょうど近辺まで円安・ドル高が進行したのを好感して、日経平均の上昇幅が一時300円を超える場面もあった。また、12月下旬の投資家心理を後退させる要因の一つとなったIPO銘柄のソフトバンク <9434> の株価は、きょうで6日続伸して1446円(8日終値)で引けており、上場初値の1463円や公開価格の1500円に接近してきた」との見方が出ていた。

 8日の東京株式市場は強基調が継続し、日経平均株価は続伸となった。米株高や円安を追い風に主力株中心に買いが優勢となり、2万円近辺の戻り売りを吸収した。日経平均株価終値は、前日比165円07銭高の2万204円04銭と続伸した。

 日程面では、安倍首相がオランダ、英国を訪問(11日まで)、11月の毎月勤労統計速報値、日銀の「生活意識に関するアンケート調査」の結果、7日時点の給油所の石油製品価格に注目。海外では、日米欧通商閣僚会合、米連邦公開市場委員会(FOMC)12月分議事要旨、ユーロ圏11月の失業率が焦点となる。(冨田康夫)

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:1月8日(火)17時13分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン