ここから本文です

中村超硬<6166>のフィスコ二期業績予想

1月3日(木)16時48分配信 フィスコ

現在値
中村超硬 407 -16
※この業績予想は2018年12月19日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

中村超硬<6166>

3ヶ月後
予想株価
900円

半導体ウエハのスライス用ダイヤモンドワイヤ等を手掛ける。化学繊維用紡糸ノズルの製造等も。ダイヤモンド応用技術は世界トップレベル。ダイヤモンドワイヤは販売単価下落。出荷量も減少。19.3期2Qは業績苦戦。

化学繊維用紡糸ノズル事業は好調。大型装置案件の納品完了が寄与。不織布用紡糸ノズル等は受注堅調。19.3期通期は電子材料スライス周辺事業の苦戦が響く見通し。業績面が重しとなり、株価は上値の重い展開が継続へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/5,000/-3,800/-3,900/-9,300/-/0.00
20.3期連/F予/6,600/-1,000/-1,100/-1,500/-/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/12/19
執筆者:YK
《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:1月3日(木)16時48分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン