ここから本文です

オンコリスバイオが後場一段高、OBP-1101に関する韓国特許査定を取得

12月27日(木)12時38分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
オンコリス 1,993 +2
 オンコリスバイオファーマ <4588> が後場一段高。前引け後に、がんの体外検査薬として開発を進めているOBP-1101(テロメスキャンF35)について、韓国で特許査定を受けたと発表しており、知的財産戦略の強化につながるとの見方から買いが入っているようだ。

 今回登録された特許は、テロメスキャン(OBP-401)の遺伝子配列のなかに、正常血液細胞での遺伝子発現を抑制するマイクロRNA干渉遺伝子を組み込み、より特異的にがん細胞を蛍光発光させる、制限増殖型アデノウイルスに関するもの。同社ではOBP-1101をカバーする複数の特許を既に保有しているが、今回の特許査定により、韓国における特許保護期間が最長で32年2月まで延長されることになるという。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:12月27日(木)12時38分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン