ここから本文です

北陸電気工事<1930>のフィスコ二期業績予想

12月23日(日)9時09分配信 フィスコ

現在値
北陸電工 905 +1
※この業績予想は2018年12月9日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

北陸電気工事<1930>

3ヶ月後
予想株価
1,100円

北陸電力子会社で、北陸電力グループの電気設備工事、電力関連工事、電気通信工事、空調管工事などを展開。北陸電力向けの売上が約4割。大都市圏での受注にも注力。19.3期中間期は足踏みも、通期増収増益の見通し。

受注工事高は前年同期比36%増の267億円に拡大。内線・空調管工事の進捗に遅れも、下期回復急で挽回濃厚。富山市や金沢市の再開発や北陸新幹線延伸なども追い風。割安感強く、株価は調整一巡後、戻りを試す展開か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/44,000/4,500/4,600/3,100/132.90/18.00
20.3期連/F予/46,000/4,700/4,850/3,300/141.50/19.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/12/09
執筆者:YT
《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:12月23日(日)9時09分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン