ここから本文です

日経平均は6円高、構成銘柄ではNEC、富士通、第一三共などが値上がり率上位

12月7日(金)10時58分配信 モーニングスター

現在値
大日本住友 3,710 +10
第一三共 4,166 -18
昭シェル 1,580 -15
古河電工 2,859 -61
NEC 3,580 -20
 7日午前10時55分時点の日経平均株価は前日比6円14銭高の2万1507円76銭。朝方は、買いが先行した。6日のNYダウが大幅下落後に急速に下げ渋ったことで投資家の不安心理がいったん後退。直近3日続落(合計1073円安)の反動もあって自律反発となり、前場早々に2万1734円94銭(前日比233円32銭高)まで上昇する場面があった。一巡後は上げ幅縮小の流れとなっている。

 日経平均構成銘柄では、NEC <6701> 、富士通 <6702> 、第一三共 <4568> 、などが値上がり率上位。半面、古河電工 <5801> 、昭シェル <5002> 、大日住薬 <4506> などが値下がり率上位。

提供:モーニングスター社

最終更新:12月7日(金)10時58分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン