ここから本文です

マスコミ嫌いな「中京の勝負師」 父急逝で学生時代に家業継ぐ 近藤信男(上)

12月7日(金)15時40分配信 THE PAGE

 相場を愛し、相場に愛された「中京の勝負師」近藤信男。「そこに相場があるから張る」「授業料を使い込んで相場を張る」など相場をめぐる名言と逸話に事欠かない人物です。慶應義塾在学中に父・繁八が急逝し、家業の再建に取り組むことになった近藤は、綿花、綿糸相場で巨利を占め、第2次世界大戦後には引き継いだ近藤紡績所を大手に育て上げました。マスコミ嫌いや人嫌いでも知られた近藤が、綿花相場の大勝負に臨むまでを市場経済研究所の鍋島高明さんが解説します。

 3回連載「投資家の美学」近藤信男編の1回目です。

「死ぬときは相場で死ぬ」が口癖

 極端なマスコミ嫌いで人間嫌いの近藤信男・近藤紡績所社長が晩年心を許した1人のジャーナリストがある。「人間的魅力の研究」で知られる伊藤肇がそれだ。伊藤を前に近藤が長広舌を振るった。

「そこに山があるから登るんだ。そこに相場があるから張るんだ。……相場に勝つということは結果であって、目的じゃないんだ。苦心惨たんして、相場を張り、それが思惑通りにいったときの戦慄するような楽しさだな。こいつだけは相場をやったものでないとわからんだろうよ」

“死ぬときは相場で死ぬ”が口癖の近藤信男の相場談義は続く。

「おれにとって株は女道楽みたいなものだ。だましたり、だまされたり、成功したり、失敗したり。しかし、それが楽しいのだ。小唄の文句にもあるだろう。

 だまされているのが遊び/
 なかなかに/
 だますお前の手のうまさ/
 水鶏(くいな)きく夜の酒の味/

 ってな。だが、綿糸はおれの本業であり、背骨だ」

慶応在学中、家業再建に取り組むことに

[画像]近藤信男の父・繁八(ニュージャパンプレス「天下の相場師 人間 近藤信男」より)
拡大写真
[画像]近藤信男の父・繁八(ニュージャパンプレス「天下の相場師 人間 近藤信男」より)
 経済ジャーナリストとして一代を画した伊藤は独特の人物評論で知られ、近藤信男と会見の許される数少ない新聞記者の1人だ。

 「中京の勝負師」「怪物相場師」「売りの近藤紡」などと呼ばれ、戦後の投機市場に巨歩を残す近藤信男は明治36(1903)年、愛知県に生まれた出身。父、繁八は名古屋市の中心街である広小路で綿糸商「近藤商店」を開いていた。大正3(1914)年、第1次世界大戦が勃発した年に、繁八は「近藤紡績所」を創設する。紡機4,000錘(すい)、織機60台でスタートしたする。同じ年に東洋紡績が誕生しているする。

 相場が大好きだった繁八は、相場が大好きで綿糸相場で大がかりな作戦を展開し、大阪三品取引所の「田附将軍將軍」こと田附政次郎(たつけ・まさじろう)と対決したこともあるという。だが、昭和2(1927)年の金融恐慌で破綻し、同4年、世界大恐慌の手前とばっ口で急逝する。当時、慶応義塾理財科(現経済学部)の学生だった近藤信男は、家業の再建に取り組むこととなる。

「経済学の勉強どころか、授業料を使い込んで兜町で相場を張り、賭け事がメシより好き、ことに花札に熱中するという惣領の甚六を地で行く放蕩児……『近藤紡績所の余命はいくばくもない』……周囲の人々は、一致して最悪の事態を想定した」(藤野洵著「人間近藤信男」)

NY綿花相場に「買いだ」大量注文

 だが、大学のある三田の遊侠の徒もお家の一大事とあっては、菜っ葉服の仕事師に大変身する。朝5時に起きて、仏前に手を合わせると、あとは夜中まで仕事に打ち込んだ。「織機の下にもぐり込んで陣頭指揮を取っている」という噂が立つほどの働き振りであった。この時、近藤を支援したのは母方の叔父、永岡弥兵衛。「永岡将軍」と呼ばれた相場師で、近藤が師と仰ぐ人物。永岡から相場指南を受けながら、近藤紡績所は窮地脱出を図る。

 永岡弥兵衛について「中京名士録」は次のように記している。

「君は名古屋の生める一代の商傑、絶倫の才幹を提げて守成に甘んずること能わず、たまたま義兄近藤繁八が綿業界に一大飛躍を起こすに及び、家業は令弟に委し、近藤氏の帷幄(いあく=作戦計画を立てる本陣)に入り、その謀將として画策に努め、近藤氏が斯界の旭將軍として雄名を天下にとどろかせたのも、君に負うところ少なからぬものがある」

 永岡は義兄が急死した時、専務取締役として屋台骨を支え、2代目社長信男への橋渡し役を務めた。「中京名士録」は続く。

「君は大胆にして細心、ことに臨んで思慮すこぶる周到、微細をうがてる採算によって大勢の赴くところを洞察し、確固たる信念を得るや決然邁進して眼中に前敵を見ず。戦えば必ず勝つも決して偶然ではない」

 永岡は成り行き注文をしなかった。必ず1節10枚の指し値注文に徹した。大胆にして細心といわれるゆえんである。

 そして昭和7(1932)年、近藤信男は大勝負に出る。ニューヨーク綿花相場のケイ線をにらんでいた近藤が思わず「買いだ」と叫ぶと、取引商社もびっくりするほどの大量の注文を出した。=敬称略
■近藤信男(1903~1973)の横顔
明治36(1903)年7月5日、名古屋市で生まれた。父親繁八は明治から大正にかけて相場師として鳴らし、近藤紡績所を創業した立志伝中の人物。繁八は大正11(1922)年5月、名古屋綿糸布取引所(第2次大戦後、名古屋繊維取引所として復活、のち中部商品取引所に統合)の初代理事長に就任。昭和4(1929)年、慶応義塾に在学中に繁八が急逝。信男は昭和7(1932)年、大阪三品取引所に上場の綿花、綿糸相場で巨利を占める。第2次世界大戦後は近藤紡を大手紡績に育てる。株と商品をまたにかけて大活躍、同46(1971)年、中山製鋼株の仕手戦で巨損をこうむり、同48年没

最終更新:12月7日(金)15時40分

THE PAGE

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン