ここから本文です

今日の株式見通し=堅調か ダウ平均は急落後に切り返す

12月7日(金)8時37分配信 トレーダーズ・ウェブ

 東京市場は堅調か。欧州株は下落し、米国株はまちまち。米国ではファーウェイ副会長逮捕を嫌気して、ダウ平均が一時800ドル近く下落したが、その後、急速に下げ幅を縮め、終値では79ドル安と2桁の下げまで戻した。ナスダックに関してはプラスに転じて終えている。ドル円は足元で112円70銭近辺で推移している。CME225先物は円建て、ドル建てともに大証日中終値と比べて130円高の21580円で取引を終えた。

 米国では、一部メディアでFRBが今後の利上げに慎重と報じたことが、買い戻しを誘う材料となった。日本株はきのうファーウェイの件に関しては消化しており、米国株が切り返したこと、特にハイテク株の比率が高いナスダックへのネガティブ影響が限定的であったことを好感して買いが優勢になると考える。日経平均は直近3日間で約1073円下げており、売りが止まればリバウンド狙いの買いも入りやすい。警戒ムードが一気に払しょくできるような状況ではないため、小幅高からじわじわと戻りを試す展開を予想する。日経平均の予想レンジは21400円-21750円。

最終更新:12月7日(金)8時37分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、12月19日のソフトバンク上場で注目のIPO情報も提供しています。
さらに会員サービスの「トレーダーズ・プレミアム」では、上場銘柄の 「ファーストインプレッション」 「仮条件分析」 「公開価格分析」 など、一歩も二歩も踏み込んだ上場銘柄分析がご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン