ここから本文です

海外マーケットトピック-英との離脱交渉期間延長、EU首脳が首相に提案も

12月7日(金)8時15分配信 トレーダーズ・ウェブ

<市場動向>
・米国株式市場-ダウ、大幅続落後に急速に下げ渋り
・欧州株式市場-独DAX30の終値は前日終値比389.26ポイント安
・米債券市場-10年物国債利回り、3.24%に上昇
・NY原油先物-11月限終値は1.40ドル安の1バレル=51.49ドル
・NY金先物-12月限は1.0ドル高の1トロイオンス=1243.6ドル
・NY為替-ドル円反落、ユーロドル上昇
・CME225先物-大阪取引所比で上昇、21580円で引け
・VIX指数-21.19に上昇 米中関係の悪化懸念や市場の不安定な動きを警戒

<市場ニュース>
・10月カナダ貿易収支 -11.7億加ドル、予想 -7億加ドル
・10月米貿易収支 -555億ドル、予想 -550億ドル
・11月米サービス部門PMI改定値 54.7、予想54.4
・11月米ISM非製造業指数 60.7、予想 59.2
・11月カナダIvey購買部協会景気指数 57.2、予想 59.7
・EIA石油在庫統計:原油は732.3万バレルの取り崩し

(要人発言)※時間は日本時間
6日22:18 カプラン米ダラス連銀総裁
「企業は貿易懸念の影響を広く受けている」
「ダラス連銀は米経済成長が来年減速すると予想」
「中立的な政策金利を若干下回っている」
6日22:44 ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁
「現在の金利水準 当面の間は適切」
「中立金利は2.5-3.5%、その水準まで上げる必要があるか判断し続ける」
「新経済協定USMCAは地域への投資を促しそう」
「10月利上げ以降の経済指標には失望、第4四半期の景気勢いは衰えている」
「実際にその水準に到達するまでは、何が中立金利かは不確か」
7日01:59 ファリハ・サウジアラビア・エネルギー産業鉱物資源相
「明日の合意成立に確信が持てない」
7日02:43 ボスティック米アトランタ連銀総裁
「政策金利は中立水準まで引き上げられるべき」

<一般ニュース>
・ゴーン元会長の報酬過少記載、日産も起訴へ 東京地検=日経新聞
・米の石油輸出、初めて輸入上回る 来年も増産見込み=ロイター
・英との離脱交渉期間延長、EU首脳が首相に提案も=ブルームバーグ

最終更新:12月7日(金)8時15分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、12月19日のソフトバンク上場で注目のIPO情報も提供しています。
さらに会員サービスの「トレーダーズ・プレミアム」では、上場銘柄の 「ファーストインプレッション」 「仮条件分析」 「公開価格分析」 など、一歩も二歩も踏み込んだ上場銘柄分析がご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン