ここから本文です

【今日のドル円】ドル/円、下値の堅さを再確認

12月6日(木)9時20分配信 サーチナ

昨日のドル/円は、米株式・債券市場が休場という手掛りに乏しい中ではあったが自律的に反発。前日の下げ幅を半分取り戻す形で113円台を回復しており、改めて値下がりした(イメージ写真提供:123RF)
拡大写真
昨日のドル/円は、米株式・債券市場が休場という手掛りに乏しい中ではあったが自律的に反発。前日の下げ幅を半分取り戻す形で113円台を回復しており、改めて値下がりした(イメージ写真提供:123RF)
 昨日のドル/円は、米株式・債券市場が休場という手掛りに乏しい中ではあったが自律的に反発。前日の下げ幅を半分取り戻す形で113円台を回復しており、改めて値下がりしたドルに対する買い意欲の強さが窺える相場展開であった。
 本日は、ブッシュ(父)元米大統領の国葬による臨時休場から復帰するNY市場を中心に豊富な材料が用意されている。米11月ADP全国雇用者数(22:15)や米11月ISM非製造業景況指数(24:00)などの重要統計の発表も目白押しだ。休場前日に大幅下落を記録した米国株や、2年債利回りが5年債利回りを上回る「逆イールド」が話題となった米国債市場の動向と合わせて注目したい。その他、石油輸出国機構(OPEC)総会では協調減産の継続が協議されており、原油価格が大きく変動すれば為替市場にも影響が及ぶ可能性がある。
 本日のドル/円は、これら豊富な材料を消化しながら方向感を作り込んで行く事になるだろう。昨日の反発で112円台半ばのサポートを再確認した格好につき、チャート面での焦点は、レジスタンスである113.30円台(日足一目均衡表の転換線や20日移動平均線)を超えられるかに移って行きそうだ。
本日の予想レンジ:112.600-113.600円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)

最終更新:12月6日(木)9時20分

サーチナ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン