ここから本文です

ゴーン容疑者逮捕 郷原弁護士が会見(全文1)有価証券報告書への不記載は犯罪か

11月26日(月)17時01分配信 THE PAGE

「逮捕の正当性に重大な疑問がある」と郷原信郎弁護士
拡大写真
「逮捕の正当性に重大な疑問がある」と郷原信郎弁護士
 郷原信郎弁護士は26日午後、東京都千代田区の外国特派員協会で記者会見を行い、日産自動車のカルロス・ゴーン前会長らが金融商品取引法違反の疑いで逮捕された問題について、「逮捕の正当性に重大な疑問がある」と疑義を唱えた。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードはYouTubeのTHE PAGEチャンネル上の「郷原信郎弁護士が「検察の力」をテーマに記者会見(2018年11月26日)」に対応しております。

     ◇     ◇

日本版司法取引の特徴について

郷原:ご紹介いただきました郷原です。よろしくお願いいたします。最初にちょっと配布しています資料についてご説明したいと思います。PowerPointの資料、この投影されているものも日本語の資料ですが、このうち最初に日本版司法取引についての話をしたいと思います。その部分は英訳を用意しています。それから私が書いたブログを配布しています。まず、11月21日付けのブログ。これがかなり反響があって今日お招きいただいたきっかけになったブログだと思います。これについては英訳版を付けております。それと、きのう出したブログ。これが前のブログ以上に非常に大きな反響を呼んでおりますが、まだこれは英訳できておりませんので日本語版の配布だけです。

 それではまず、日本版司法取引の特徴についてお話をしたいと思います。この表は日本の司法取引とアメリカ、ドイツの制度を比較したものです。日本の司法取引の最大の特徴はアメリカのような自己負罪型が制度として導入されなかった。自己負罪型が含まれていないということです。日本の司法取引は、他人の犯罪事実についての供述をすることで自らの処罰を軽減してもらう制度だけです。そのような他人負罪型だけの司法取引であることは、この司法取引の運用にも非常に大きな影響を及ぼす可能性があります。

 なぜ、アメリカのような自己負罪型の司法取引が導入されなかったのかという点なんですが、まず1つは日本にはアメリカのような有罪答弁の場合のアレインメントという制度がありません。特に日本では検察官と被告人、弁護人との間だけで刑を、有罪を確定させる権限は検察官には与えられていません。もう1つは、これがある意味ではさらに重要な理由なんですが、日本の司法制度の下では罪を犯した者がその事実を認めるのは当然だと考えられています。自白したからといって、特別な恩典が与えられる理由がない。ところが他人の犯罪であれば、もともと供述する義務がないので、それをあえて行って、捜査に協力した場合は恩典を与えることも正当化できるという理由です。

 ということで、日本の司法取引の場合は自分自身の犯罪を認めるだけじゃなくて、他人の犯罪についての捜査協力をすることが司法取引の条件となるわけですが、そのために第三者を犯罪に巻き込む恐れがあるということで、その危険性の問題は立法の過程でもいろいろ議論をされました。この点については、この英訳版の資料にも書いていますので、こちらのほうをご参照ください。

今回の事件に対する郷原弁護士の疑問

 そこでカルロス・ゴーン氏の事件の話に移りたいと思います。ゴーン氏の逮捕事実は検察の発表によりますと、2015年3月期までの5年間で実際にはゴーン氏の報酬が99億9800万円だったのに、有価証券報告書に合計49億8700万円だったという虚偽の記載をして提出したという事実です。有価証券報告書の虚偽記載の事実です。

 このような有価証券報告書の虚偽記載の事実で、日産、ルノー、三菱自動車の会長を務めるゴーン氏が逮捕されたことに、私は大変驚きました。そこで非常に違和感、疑問を覚えたことについて、これは21日のブログの英訳版のところに最初のところに書いておりますので、こちらをご覧ください。

 ここで、有価証券報告書の役員報酬を過小に、実際よりも少なく記載したというのが、今回の容疑事実ということなんですが、それは2つに分けて考えてみることができます。この犯罪事実は2つに分けて考えることができます。

 まず1つは、ゴーン氏に対して、この事実によると年間10億円という役員報酬が支払われた事実、支払いがあった事実、これが1つです。支払いがあった。役員報酬の支払い。これがどういう形で支払われたのか、役員報酬と認定されるものがあったということが第一です。そしてもう1つは、そういう役員報酬が支払われてることを認識した上で、有価証券報告書の役員報酬の欄にそれを正しく記載しなかった。それを記載しなかった、不記載という事実です。

 じゃあそのまず役員報酬とはなんなのかということです。記載されなかった役員報酬というのは。その可能性としていくつかが考えられます。まず第一に、通常の役員報酬が支払われて、年間、実際には20億円支払われてるのに、そのうち有価証券報告書の役員報酬の欄に記載されなかった。通常の役員報酬の支払いです。

 その次に、これは先週、日経新聞が報じたんですが、ストック・アプリシエーション権、SARといわれる株価連動型の報酬。これが開示されなかったという話があります。支払われているのに開示されなかったという話です。そして、2日前の朝日、読売で報じられたのが、ゴーン氏退任後に支払いを約束された役員報酬があった。まだ支払われてない。退任後に、将来退任後に支払いを約束された報酬があった。これが3つ目です。そして最後に、いろいろ報道されてるんですが、海外でゴーン氏に自宅を提供したり、家賃の負担をしたというのが役員報酬だという話もあります。

 で、この4つのどういう役員報酬が記載されなかったという問題なのかによって、この犯罪に関わったと考えられる人間の範囲が変わってきます。通常の金銭報酬とかSARの場合は、取締役などかなり広範囲の会社関係者が含まれると考えられます。一方、この海外での自宅の提供とか家賃の負担の場合は、知ってる人間は非常に少ないと、限られてるということも考えられます。ということで、いったいどんな役員報酬が記載されなかったのかということによって、どんな犯罪なのか、誰が関わったのかということがまったく違ってくるわけですが、これまでの報道ではここがまったく明らかにならなかった。よく分からないまま、ほかのことの報道ばかりが先行していきました。

 そのことはいろいろすでに報じられているように、この件で検察とこの日産の役職員との間で司法取引が行われたと言われてますが、本当にその司法取引を行う余地があるのかというところに関係していきます。今、お話ししたように、この役員報酬の支払いというのが通常の金銭報酬だとか、SARだとかそういうものであれば、もうおそらく支払いの事実が客観的に明白で、それを記載するかどうかが問題だということになります。結局その司法取引というのはその犯罪が成立するもの、犯罪者でもある人間が捜査に協力することによって処罰を軽減してもらうっていうことですから、その人間にも犯罪が成立してないといけないわけです。ところが、客観的に明白な事実であれば捜査協力というのは考えにくいし、一方で、本当にごく一部の人間しか知らないような海外の自宅の提供などであれば、そういう人は有価証券報告書に虚偽を記載するというところに関わってるとは考えられません。

通訳:ちょっと待ってください。海外の件に関して一部の人しか知らない。

郷原:そういう人は、虚偽記載というとこ、有価証券報告書の記載には関わってると考えにくい。

 そして、ようやく分かってきたことが、どうやら今回問題にされた逮捕事実の虚偽記載っていうのは、この赤で書いてます退任後の支払いの約束であったこと、これが50億の虚偽記載の事実であるということがどうも間違いないという状況になってきています。

 もしそういう事実だとすると、検察のほうは、そういう支払いの約束についても有価証券報告書に記載する義務があると。だからそれを記載しなかったのは犯罪に当たると言ってるんですが、その点については重大な疑問があります。実際にお金として受け取ってしまった役員報酬というのは、そのあとどんなことがあっても返還させられることはまず考えられないわけですが、退任後に受け取る予定になっている単なる支払いの約束であれば、実際に支払うためには社内手続きが必要になります。それから仮に状況が変わって、例えば大幅な赤字でゴーン氏が引責辞任というようなことになったときには、それをとてももらえないということになると思います。そういう意味では支払いの確実性が実際にもらった場合とは、まったく違います。

 日本には役員退職慰労金という制度があって、一定の期間、役員、取締役などを務めると、退職後に一定のお金をもらえるという制度があるんですが、その場合でもそういう役員退職慰労金についても、有価証券報告書の役員報酬の欄に記載されたという例は聞いたことがありません。

 ということなので、もしこの虚偽記載が支払いの約束だったとすると、これが支払いの義務が、それについて記載の義務があったという点に非常に疑問がありますし、実際にそういうものを有価証券報告書に記載されてるというような実情もないということで、その逮捕事実には重大な疑問があります。逮捕が正当だったかどうかにということにも重大な疑問があります。

 取りあえず、私の話はこの辺りにして、あとはご質問へのお答えという形で、お話ししたいと思います。

【書き起こし】ゴーン氏逮捕に疑問 郷原弁護士が会見 全文2に続く

最終更新:11月26日(月)17時58分

THE PAGE

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン