ここから本文です

日本甜菜製糖<2108>のフィスコ二期業績予想

11月24日(土)9時40分配信 フィスコ

現在値
甜菜糖 2,007 +4
※この業績予想は2018年11月13日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日本甜菜製糖<2108>

3ヶ月後
予想株価
2,100円

ビート糖や精糖が主力の製糖会社。国産糖で国内トップ。配合飼料等の飼料、イーストやオリゴ糖の食品、農業機材、不動産賃貸を展開。19.3期上期は売上高は変わらずも、主力の砂糖事業で販売価格の足踏みが影響した。

19.3期は砂糖事業で低採算のビート原料糖の販売増加が影響する見通し。また、海外砂糖市況の影響により、国内も販売価格の低下が続く見込み。飼料事業は販売堅調。株価の浮上には時間かかる。低位での推移が続く。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/58,000/1,200/1,500/1,100/77.61/50.00
20.3期連/F予/59,000/1,250/1,575/1,150/81.15/50.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/13
執筆者:NI
《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:11月24日(土)9時40分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン