ここから本文です

今晩のNY株の読み筋=個人消費関連の経済指標に注目

11月21日(水)17時24分配信 モーニングスター

 21日も米国では住宅関連や個人消費関連の経済指標が多く発表される予定。前日は一部の米企業業績への懸念が指数を押し下げたが、足元の米経済指標にしても10月の住宅関連指標は予想を下回るものが目立っている。住宅指標は金利上昇が低迷の一因であり、市場もある程度は織り込んでいるはずだが、GDPの約7割を占めるといわれる個人消費に関連する指標が弱いと、米経済の先行き不透明感が増しそうだ。

 欧州ではイタリアの副首相が予算の修正に前向きな姿勢を示したと報じられており、イタリア財政への不安はやや後退した。一方、英国のEU(欧州連合)離脱交渉ではメイ英首相とユンケル欧州委員長の会談が予定されている。大きな問題は起こらないと見られるが、注視しておきたい。

<主な米経済指標・イベント>
米10月耐久財受注額、米11月ミシガン大学消費者信頼感指数、米10月中古住宅販売件数、米10月景気先行指標総合指数

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:11月21日(水)17時24分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン