ここから本文です

39歳子ども2人、貯金600万円。大学費用は足りる?

11月21日(水)22時20分配信 あるじゃん(All About マネー)

◆自分が苦労したので、子どもに奨学金を借りさせたくないです

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、教育費の準備に悩む30代の主婦の方。ファイナンシャル・プランナーの井戸美枝さんがアドバイスします。
拡大写真
皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、教育費の準備に悩む30代の主婦の方。ファイナンシャル・プランナーの井戸美枝さんがアドバイスします。
皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、教育費の準備に悩む30代の主婦の方。ファイナンシャル・プランナーの井戸美枝さんがアドバイスします。

▼相談者

なのはなさん(仮名)
女性/パート/39歳
埼玉県/持ち家・マンション

▼家族構成

夫(会社員/41歳)、長男(13歳)、次男(7歳)

▼相談内容

2人の息子の大学卒業までの教育費準備をどうしたら良いかと考えています。高校までは公立で、大学は私立(理系含む)進学を念頭にしています。高校から私立になる可能性もあります。奨学金は、自分が大学在学時に利用し、社会人になってからの返済に苦労したので、子供たちには利用させたくはありません。

夫は教育費については、私が働き続けて収入アップしていければ大丈夫ではないかと言いますが、今後の収入アップはそう簡単にはいかないと思います。次男が高学年になる2年後を目安にフルタイム勤務の仕事を探し、扶養を外れて年収アップすることを目標にしています。年収アップが上手くいかなかった場合、今後長男が私立大学、次男が私立高校等と教育費が重なったときが心配です。

▼家計収支データ

「なのはな」さんの家計収支データ
拡大写真
「なのはな」さんの家計収支データ


▼家計収支追加データ

(1)ボーナスの使いみち
固定資産税/13万2000円
保険の年払い/10万円
自動車保険料の年払い/4万3000円
衣服費/15万円
旅行費用/10万円
車検費用/5万円(年割分)

(2)住宅ローンの詳細
新築マンション/借入額2500万円、借り入れ開始/平成21年4月
変動金利0.875%、毎月の返済額7万9000円/ボーナス払いなし
過去に数回の繰上返済があり、完済は平成45年(夫58歳)

(3)教育費の内訳
・長男/中学校給食費・教材費1万3000円、塾代2万円、部活用品・その他4000円
・次男/小学校給食費・集金6000円、習い事2万円

(4)加入保険の内訳
[夫]
・団体定期保険(死亡2000万円)=保険料0円(団体保険扱い/会社負担)
・所得補償保険(基準給与額の60%を60歳迄)=保険料0円(団体保険扱い/会社負担)
・共済保険(病気死亡400万円、入院5000円)=保険料1300円 (※年払いを月割り/割戻後)
・医療保険(終身保障65歳払込終了、入院5000円、手術給付金・先進医療特約)=保険料2652円(※年払いを月割り)
[妻]
・共済保険(病気死亡400万円、入院5000円)=年1300円 (※年払いを月割り/割戻後)
・医療保険(終身保障60歳払込終了、入院5000円、手術給付金特約)=保険料2391円(※年払いを月割り)
[長男・次男]
・こども保険(入院日額2000円、育英費用170万円、賠償責任1 億円)=保険料250円×2人

(5)食費について
高いのが悩み。高くなる理由としては、食べたいものを我慢して節約生活を続けていくことへの疑問と、安い食材でメニューを考えるのではなく、先に食べたいメニューを考えてから買い物をしているため。少しでも安いスーパーで購入しようという意識はない。ただし、夫には弁当を作り、その分、昼食代はかなり節約になっているとのこと。

(6)保険の悩みについて
現在、保険の見直しも検討中。来店型保険ショップでも相談をした。具体的には、夫の県民共済を解約して、がん保険をプラスするかどうか悩んでいる。夫は健康で、がん家系ではないが、がんになったら入れないとアドバイスを受けたため。

(7)家計管理について
結婚以来すべて夫が担当し、妻はノータッチだったが、今年1月に一念発起し、スマホのアプリで家計簿を初めてつけた。その結果、食費が高いことが判明した。

▼FP井戸美枝からの3つのアドバイス

アドバイス1 大学費用はボーナスの貯蓄維持がポイント
アドバイス2 私立高校進学なら定期預金を取り崩す
アドバイス3 今が「貯めどき」だと認識しよう

◆アドバイス1 大学費用はボーナスの貯蓄維持がポイント

まず、今後、教育費がどの程度発生するかを整理しておきましょう。大学費用ですが、私立文系であれば大学にかかる平均費用(入学金、授業料など)は4年間でおよそ390万円、理系であれば520万円(※1)。首都圏にお住まいなので、自宅通学とすれば、事前に用意したいのは前述の金額がひとつの目安となります。

ともに理系とすれば2人で1000万円。学資保険やその他、教育費目的の保険には加入されていませんので、貯蓄で用意することになります。児童手当分を財形貯蓄で貯められているので、児童手当の支給終了後も同額の積立を継続すれば、次男の方が18歳になるまでに約400万円が用意できます。

不足分600万円ですが、データにあるボーナスの使いみちから判断して、残りが貯蓄に回っているとすれば、それが年間60万円。10年間で600万円となりますから、大学費用は用意できることになります。心配されている奨学金も利用せずに済むでしょう。

ただし、あくまでボーナスからの貯蓄ペースが維持できれば、という条件付きです。支給額が今後増えることもあるでしょうが、減る可能性も否定できません。その場合、ボーナスからの支出を減らすことで、貯蓄分を確保する必要があります。そのことは絶えず意識しておいてください。

◆アドバイス2 私立高校進学なら定期預金を取り崩す

問題は高校から私立というケースです。公立であれば、現在発生している教育費6万3000円を継続して計上していけば、2人のお子さんの高校費用は学校外のコスト(学習塾、その他習い事)を加えても家計から捻出できるはずです。

一方、私立に進学した場合、学校教育費に学校外の費用を加算すると、3年間の総額は約300万円(※2)。2人とも私立高校に進学すれば、上乗せ分として350万円前後が必要という計算になります。これを捻出するには、定期預金を取り崩すということになります。次男の方が15歳になった時点で、定期預金は550万円ほどに増えていますので、金額的にはカバーできる範囲です。手持ち資金はそれなりに減りますが、それはある意味、仕方がないと考えるべきでしょう。

それに備えるために、収入アップという方策もあります。しかし、相談文にあるように、そのために奥様の収入アップが期待されるのであれば、それは奥様にはいささか酷な話だと思います。もちろん、収入アップのため、正社員を目指すことについては大賛成です。ぜひトライしてほしいと思います。しかし、それが無理であっても落ち込む必要はありません。お子さん2人を育て、それで毎月パートで働き、月8万2000円の収入を得ている。それだけで十分立派です。そこは自信を持ってください。

◆アドバイス3 今が「貯めどき」だと認識しよう

家計管理から見ますと、収入アップを目指すと同時に、家計そのものを貯蓄体質にしていくことを考えては、と思います。理由は2つあります。ひとつは、今が「貯めどき」だということ。お子さんが公立の小中学校に通い、奥様がパートで働ける。この時期にどれだけ貯められるかで、今後が変わってきます。もうひとつは、家計を見直せば、もう少し家計支出を抑えられるからです。

具体的に家計支出を見ていきましょう。まずは保険ですが、ご夫婦ともに加入されている医療保険は、ともに必要性は低いと思います。入院給付金が日額5000円。最大に活用しても、60日型なら30万円、120日型でも60万円が上限です。共済保険からも入院給付が出ますし、そもそも貯蓄でカバーできる額です。浮いた保険料を貯蓄に回せば、医療費にも当然使えます。

悩まれているご主人のがん保険については、心配であれば加入されてもいいでしょう。終身払いタイプ、入院1万円で保険料は4000円ほど。医療保険を解約し、ご主人の共済も解約すれば、それでも全体で月3000円程度、保険料コストが下がります。

自動車保険もやや割高な気がします。被保険者の等級でも違ってきますが、もし車両保険を付けているのなら、外してもいいのでは。他の保険会社にも見積りを取るなどして検討してみてください。半分近くには減らせるかもしれません。

細かい点で言えば、日用品費や娯楽費など、削れるかもしれません。こういった費目は支出もつい甘くなりがち。ストレスにならない程度に見直してみてください。あとは、奥様も気にされている食費。食べ盛りの男の子がいるご家庭で、奥様自身、「節約よりも食べたいものを食べたい」ということであれば、それをあえて変える必要はないと思います。

ただし、工夫の余地は残してください。たとえば、同じ食材でも、購入方法、購入先を変えることでより安価になることもあります。また、家計管理は限られた予算からの分配作業です。貯蓄がより必要になったら、優先する食費に代わって、他の支出を我慢しなくてはなりません。そのことは意識しておくことが大切です。

(※1)文部科学省「平成26年度私立大学に係る初年度学生納付金平均額調査」より
(※2)文部科学省「平成26年度子供の学習費調査」より

◆相談者「なのはな」さんから寄せられた感想

教育費の具体的な収支を示して頂き、大変参考になりました。ボーナスからの貯蓄が重要になることを意識しながら、毎月の家計管理を今後も継続してしっかりと行っていきたいと思いました。

医療保険の必要性が低いという点は、とても意外でした。夫と再度相談し、決めていきたいと思います。自動車保険は車両保険もつけていますので高くなっていますので、こちらも再検討します。食費もアドバイスをもとに工夫をしていきたいと思います。最後に自分の年収アップも無理のない範囲で叶えていきたいです。本当に親身なアドバイスを頂きましてありがとうございました。

教えてくれたのは……
井戸美枝さん

All Aboutマネープラン・もらえるお金ガイド。ファイナンシャル・プランナー(CFP)、社会保険労務士、経済エッセイストとして幅広く活躍。社会保障審議会企業年金部会委員。マネープランや家計の見直し、家計がもらえるお金に詳しく、テレビや書籍、雑誌などでのアドバイスにも定評がある。『知らないと損をする 国からもらえるお金の本』『【図解】2015年度 介護保険の改正 早わかりガイド 』など、著書も多数。

取材・文/清水京武
あるじゃん 編集部

最終更新:11月21日(水)22時20分

あるじゃん(All About マネー)

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

平均年収ランキング

ヘッドライン