ここから本文です

【ディーラー発】円買い優勢(NY午前)

11月20日(火)1時50分配信 セントラル短資FX

NYダウの前週末比330ドル超安を嫌気し、リスク回避の円買いが優勢。ドル円は米債利回りの低下や米・NAHB住宅市場指数が予想を大きく下回ったことも重石となり112円44銭付近まで値を崩した。また、クロス円もユーロ円が129円06銭付近から128円64銭付近まで、ポンド円が145円07銭付近から144円40銭付近まで下落した。一方、ユーロドルは1.1464付近まで上伸、ポンドドルが1.2873付近まで持ち直している。1時49分現在、ドル円112.544-547、ユーロ円128.854-859、ユーロドル1.14493-497で推移している。

最終更新:11月20日(火)1時50分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン